世界大会準優勝に輝いた『工学院大学ソーラーチーム』の車両を一...

世界大会準優勝に輝いた 『工学院大学ソーラーチーム』の車両を一般公開  ~小さな部品から車両の設計まで、 全てを学生主体で製作したソーラーカー~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト「工学院大学ソーラーチーム」が製作した車両が、6月4日(火)に東京スクエアガーデン(東京都中央区)にて開催される「ソーラーカー展示&乗車撮影会」(主催/株式会社ブリヂストン)に登場します。当日は、チームの学生が車両の説明やチーム紹介などを行います。

この出展車両は、大学の研究資源(教員)と“ものづくり”の施設を最大限に活用して、学生が“設計”から“製作”までの全てを担って作り上げ、2015年にオーストラリアで開催された世界最大級のソーラーカーレース「2015ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」のクルーザークラスで準優勝に輝きました。


「ソーラーカー展示&乗車撮影会」


■工学院大学ソーラーチーム特設サイト: https://www.kogakuin.ac.jp/solar/



【本件のポイント】

●『工学院大学ソーラーチーム』が製作した車両が、6月4日(火)に東京スクエアガーデン(東京都中央区)にて開催される「ソーラーカー展示&乗車撮影会」(主催/株式会社ブリヂストン)に登場。当日は、チームの学生が車両の説明やチーム紹介を行う。6月5日「環境の日」に合わせ、ソーラーカーの技術力や環境への取り組みを広めることを目的としている。


●この車両は、学生が“設計”から“製作”までの全てを行い、2015年にオーストラリアで開催された「2015ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」では準優勝、2016年に秋田県大潟村で開催された国内大会では優勝に輝いた。


●『工学院大学ソーラーチーム』は、2019年10月に「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に参戦。4度目の挑戦で初優勝を勝ち取るため、“Designed by 工学院大学” “Made in 工学院大学”のオンリーワン新車両を製作中。



【本件の概要】

6月4日(火)に東京スクエアガーデン(東京都中央区)で開催される「ソーラーカー展示&乗車撮影会」(主催/株式会社ブリヂストン)で、大学の研究資源(教員)と“ものづくり”の施設を最大限に活用し学生たちが自らの手で作り上げたソーラーカーを一般公開し、学生が車両の説明やチーム紹介などを行います。このイベントは、6月5日「環境の日」に合わせ、ソーラーカーの技術力や環境への取り組みを広めることを目的としています。

今回展示される車両は、多くのサポート企業の中で、世界最大のゴム・タイヤメーカーであるブリヂストンより次世代低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」などの提供を受けました。2015年10月オーストラリアで開催された世界最大級のソーラーカーレース「2015ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」で準優勝、2016年8月秋田県大潟村で開催された国内大会では、大会新記録を樹立し、総合優勝の実績を残しています。

チーム設立10周年を迎えた『工学院大学ソーラーチーム』は、2019年10月に「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に参戦し、4度目の挑戦で初優勝を狙います。“Designed by 工学院大学”“Made in 工学院大学”のオンリーワン新車両を製作しており、6月末にはお披露目予定です。


「ソーラーカー展示&乗車撮影会」概要

■日時    :6月4日(火) 9:30~18:00

■会場    :東京スクエアガーデン1階(東京都中央区京橋三丁目1番1号)

        ※事前申込不要、参加費無料

■イベント内容:『工学院大学ソーラーチーム』車両展示、

 (予定)    「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ紹介展示」、

        装着タイヤ「ECOPIA with ologic」紹介

カテゴリ:
企業動向
ジャンル:
教育 技術・テクノロジー
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「184782」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報