年間流通総額200億円突破!ショップスタッフの投稿から販売に...

年間流通総額200億円突破! ショップスタッフの投稿から販売につなげオムニチャネル化を進める 「STAFF START」、前年比約300%を達成

導入した企業の自社ECサイト売上のうち4割以上が 「STAFF START」のコンテンツ経由

実店舗のショップスタッフを軸にオムニチャネル化を推進するアプリケーションサービス「STAFF START」を提供する株式会社バニッシュ・スタンダード(本社:東京都港区、代表取締役:小野里 寧晃、以下 バニッシュ・スタンダード)は、2018年5月から2019年4月の1年間の「STAFF START」の流通総額200億円を達成いたしました。

サービス導入が拡大すると同時に、ECサイトにおける顧客の購買行動にも影響を与えています。


「STAFF START」年間流通総額200億円達成


■店頭での接客体験をオンラインで実現する「STAFF START」( http://www.staff-start.com/ )とは

「STAFF START」はショップスタッフが撮影したコーディネートに商品情報を紐づけ、ブランドの自社ECサイトやSNSに投稿することのできるサービスです。

顧客は店頭に足を運ぶことなく、ショップスタッフのコーディネートから自分の好み・スタイルにあう商品を選択でき、スタッフは自身の勤務する店舗に関係なく、全国の顧客に対しコーディネート投稿を通じてオンライン上で接客を行うことができます。

また、コーディネート投稿を経由し販売に至った場合は、投稿したスタッフの実績としてカウントされ、店頭での販売実績と合わせて評価することでスタッフのモチベーションアップや企業との関係性強化を実現することができます。



■年間流通総額200億円達成!導入した企業の自社ECサイトの4割以上がコーディネート投稿から

「STAFF START」は2016年のリリースから約3年で年間流通総額200億円を達成いたしました(2018年5月~2019年4月)。これは前年同時期の流通総額68億円に比べ約200%の伸びです。

また、自社ECサイトの売上に占める「STAFF START」コンテンツ経由の平均売上シェアも43%にのぼり、顧客のECサイトで購買傾向が変化し始めていることを示しています(約半年前の2017年10月~2018年9月期は39.5%)。

1スタッフあたりの平均月間投稿数は12投稿で、出勤日2日ごとに1回投稿していると概算でき、「STAFF START」の導入により販売のスタイルにも影響を与えていると考えられます。

「STAFF START」活用による購買傾向・販売手法の変化は、今後もアパレル企業のオムニチャネル化を加速させていくと推測されます。


【参考データ】2018年5月~2019年4月

・「STAFF START」コンテンツ経由の売上総額(流通総額):20,842,739,889円

・導入ブランド数:649ブランド

・自社EC内平均売上シェア:約43%(2019年1月)

・スタッフ平均投稿数:約12投稿


バニッシュ・スタンダードは、アパレル業界不振とEC化が叫ばれるなか、ブランド価値や世界観を守り伝える店頭・スタッフと、効率的な販売が可能なECの共存を実現し、業界再建に貢献するサービスを目指して今後も改良を続けてまいります。



「STAFF START(スタッフスタート)」: http://www.staff-start.com/

2016年にリリースされてからファッション業界を中心に店舗のコーディネート投稿を簡易化する業務用アプリケーションサービスからスタートし、現状では店舗販売スタッフのオンライン評価軸やバイヤー機能、商品レビュー投稿、まとめ投稿、店舗取寄(客注)サービスなど続々と店舗とECサイトのオムニチャネル化を推進するサービス提供をしています。今後、コスメ業界や食料品業界などにも活用の拡大が期待されます。



<会社概要>

商号   : 株式会社バニッシュ・スタンダード

URL    : http://www.v-standard.com/

本社所在地: 東京都港区西麻布3-1-16

代表取締役: 小野里 寧晃

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「184459」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報