公式通販サイトでの「デジタル接客」をスピーディに導入!STA...

公式通販サイトでの「デジタル接客」をスピーディに導入! STAFF STARTがSaaS型ECプラットフォーム 「futureshop」と連携開始

ECサイト構築プラットフォーム事業者や モール型ECの運営事業者からの問い合わせが続々と寄せられている

実店舗の販売スタッフを軸にオムニチャネル化を推進するアプリケーションサービス「STAFF START」を提供する株式会社バニッシュ・スタンダード(本社:東京都港区、代表取締役社長:小野里 寧晃、以下 バニッシュ・スタンダード)は、株式会社フューチャーショップ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:星野 裕子、以下 フューチャーショップ)が提供するSaaS型ECプラットフォーム「futureshop」との連携を開始しました。これにより「futureshop」のCMS機能、「commerce creator(コマースクリエイター)」利用しECサイトを構築するEC事業者は、スタッフのコーディネート投稿経由による新たな販売機会を創出する「STAFF START」の機能をより簡単かつスピーディに導入することが可能になります。


連携イメージ


■公式通販サイト上でショップスタッフによるデジタル接客を実現する「STAFF START」( http://www.staff-start.com/ )

「STAFF START」はショップスタッフが撮影したコーディネートに商品情報を紐づけ、ブランドの公式通販サイトやSNSに投稿することのできるサービスです。

これにより、顧客は店頭に足を運ぶことなく、ファッションの“お手本”となるショップスタッフからコーディネート提案を受けることができ、ショップスタッフは自身の勤務する店舗に関係なく、全国の顧客に対しコーディネート投稿を通じてオンライン上で接客を行うことができます。

また、ショップスタッフが投稿したコーディネートを経由し販売に至った場合は、投稿したスタッフの実績としてカウントされ、店頭での販売実績と合わせて評価することでスタッフのモチベーションアップや企業との関係性強化を図ることができます。

すでに「LOWRYS FARM」などを展開する株式会社アダストリアや「Kastane」などを展開する株式会社パルへの導入実績があり、現在約650ブランドの利用実績があります。2018年2月から2019年1月の期間での「STAFF START」経由での売上は160億円を超え、コーディネート投稿を通じて月間3,400万円を超える売上実績を記録したスタッフも現れました。



■ECプラットフォーム「futureshop」( https://www.future-shop.jp/ )と連携開始、ショップスタッフの販売力をECサイトでも

フューチャーショップが提供する「futureshop」シリーズは、未来に向けたコマース戦略を創造するECサイト構築プラットフォームで、高いデザインカスタマイズ性とロイヤルティマーケティング、きめ細やかなデジタルマーケティングを実現する機能が強みのサービスです。

今回の連携により、「futureshop」のCMS機能、「commerce creator(コマースクリエイター)」利用しECサイトを運営するショップは、スムーズに「STAFF START」の機能を導入することが可能になり、ショップスタッフのコーディネート提案力や発信力を活用した新たな売上を創ることができます。また、スタッフも空き時間などを活用したコーディネート投稿により、店舗の立地や天候に関わらず、店舗での売上成績に加えてECでの販売実績を積むことが可能になります。

すでに「STAFF START」の組込は開発を必要とせず完了しており、利用を開始したいショップはお申し込み後、「futureshop」にて「STAFF START」登録項目に必要事項を入力するだけで画面が生成される仕組みになっています。また、検索機能なども自動で利用できます。


フューチャーショップに続き、バニッシュ・スタンダードにはECサイト構築プラットフォーム事業者やモール型ECの運営事業者からの問い合わせが続々と寄せられており、連携が進むことでより多くのショップ向けに「STAFF START」のサービスを提供できる見込みです。

今後も、店舗を支えるスタッフの販売力と多様なコマース戦略が実現できるECの強みを生かし、新しい販売機会の創出に貢献いたします。



【サービス紹介】

■STAFF START(スタッフスタート): http://www.staff-start.com/

2016年にリリースされてからファッション業界を中心に店舗のコーディネート投稿を簡易化する業務用アプリケーションサービスからスタートし、現状では店舗販売スタッフのオンライン評価軸や商品レビュー投稿、まとめ投稿、店舗取寄(客注)サービスなど続々と店舗とECサイトのオムニチャネル化を推進するサービス提供をしています。今後、化粧品や食料品領域にも活用の拡大が期待されます。



■futureshop(フューチャーショップ): https://www.future-shop.jp/

国内向けは新CMS機能「commerce creator」で高いデザインカスタマイズの自由度と更新性を実現している他、ロイヤルティマーケティングに取り組める豊富な機能を有しています。オムニチャネル対応には実店舗とECの顧客統合を行い、さらにきめ細やかなデジタルマーケティングを目的とした、O2Oを実践するポイント統合、実店舗在庫表示機能も備えた「futureshop omni-channel」がご利用いただけます。

越境EC・インバウンド対応時には同じオペレーションの「futureshop overseas」をご利用いただけます。

また、プラットフォーム自体の機能が充実しているだけでなく、他システムとも多数連携し、柔軟性や拡張性にも優れています。"売上を創るEコマースプラットフォーム"を目指し、プロユースに応える高機能であることにこだわり、EC事業者の「やりたいこと」にとことん、応えます。


<会社概要>

株式会社バニッシュ・スタンダード

商号   : 株式会社バニッシュ・スタンダード

URL    : http://www.v-standard.com/

本社所在地: 東京都港区南青山4-26-22 Rビル2F

代表者  : 小野里 寧晃


株式会社フューチャーショップ

商号   : 株式会社フューチャーショップ

URL    : https://www.future-shop.jp/corporate/

本社所在地: 大阪市北区大深町4番20号グランフロント大阪 タワーA 24階

代表者  : 星野 裕子

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報