道明寺線の橋梁に「土木学会選奨土木遺産」認定証が授与されまし...

道明寺線の橋梁に「土木学会選奨土木遺産」認定証が授与されました

 近鉄では、道明寺線(道明寺駅~柏原駅)の4つの橋梁が「近鉄道明寺線鉄道構造物群」として「土木学会選奨土木遺産」に認定され、2019年5月9日(木)に公益社団法人土木学会関西支部により認定証が授与されました。

 道明寺線は1898(明治31)年に開業した近鉄最古の路線であり、昨年開業120周年を迎えました。今回認定を受けた近鉄道明寺線鉄道構造物群は、その開業時に築造された明治時代の橋梁であり、築造から120年以上経過した令和の時代においても、現役の鉄道橋として使用されています。今後も厳正な維持管理を行い安全運行に努めてまいります。

 詳細は以下のとおりです。


1.認定を受けた構造物
  「近鉄道明寺線鉄道構造物群」
    第1号溝橋  :橋長   1.8m
    第2号溝橋  :橋長   1.8m
    奈良街道陸橋 :橋長   9.1m
    大和川橋梁    :橋長 216.4m

2.授与式
 【1】日時 2019年5月9日(木)
 【2】会場 建設交流館(大阪市西区)

3.歴史 
  1898(明治31)年3月24日 河陽鉄道により柏原~古市間が開業、
                   「近鉄道明寺線鉄道構造物群」が供用開始
  1899(明治32)年5月11日   河南鉄道が河陽鉄道の路線を承継
  1919(大正 8)年3月 8日   河南鉄道が大阪鉄道に社名変更
  1943(昭和18)年2月 1日   関西急行鉄道が大阪鉄道を合併
  1944(昭和19)年6月 1日   関西急行鉄道が近畿日本鉄道に社名変更
                                 (以 上)

プレスリリースロゴ画像

カテゴリ:
告知・募集
ジャンル:
その他乗り物 建設
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「183574」を
担当にお伝えください。