地域連携の取り組みとして「中野区防災体験デー」を開催します

地域連携の取り組みとして「中野区防災体験デー」を開催します

明治大学中野キャンパスでは、5月17日(金)に、学生が防災活動に参加するきっかけづくりと自助・共助意識の啓発を目的として、隣接する帝京平成大学と関係機関(中野区役所、警察署、消防署、病院、社会福祉協議会等)との連携により、「中野区防災体験デー」を実施します。事前申込不要、入退場自由。

中野区にキャンパスを構える明治大学、帝京平成大学に対する地域の期待は大きく、とりわけ災害対策に関する学生の防災活動については、行政機関、警察、消防、病院からも連携を強く求められています。「中野区防災体験デー」は、学生が防災活動へ参加するきっかけづくりとして、また自助・共助意識の啓発を目的として、地域一体の体制で取り組む防災イベントです。明治大学生、近隣にお住まい・お勤めの方どなたでも参加可能です。


【中野区防災体験デー】

日時:2019年5月17日(金)11:30~14:30

会場:明治大学中野キャンパス・帝京平成大学中野キャンパス(東京都中野区中野4-21-1及び2)

申し込み:事前申し込み不要・参加費無料・入退場自由(途中参加・部分参加可)


■主なプログラム

体験ブース:放水(消火)体験、起震車体験、ハンドマッサージ体験

展示ブース:大規模災害や国際テロに関するパネル展示

その他:防災用品の展示紹介等

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「183554」を
担当にお伝えください。