宝塚歌劇公演の座席料金の一部改定について

阪急電鉄では、宝塚歌劇を観劇されるお客様に夢と感動のステージをお届けできるよう、日々公演の制作や運営に取り組んでいます。そうした中、近年、音響や照明といった舞台装置が高度化するとともに、演出も多様化しており、公演にかかるコストが従前よりも増加してきております。

こうしたことを踏まえ、今後、より多彩で魅力的なステージを多くのお客様にお楽しみいただけるよう、宝塚歌劇公演の座席料金を一部改定させていただきます。


(1)概要

宝塚大劇場公演および東京宝塚劇場公演のSS席・S席の料金を改定します。

なお、その他の座席料金は現行どおりとします。


(2)改定時期

・宝塚大劇場

月組公演(2019年10月 4 日~11月11日)より

日本オーストリア友好150周年

ミュージカル『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ‐』


・東京宝塚劇場

花組公演(2019年10月18日~11月24日)より 

三井住友VISAカード シアター

Musical『A Fairy Tale-青い薔薇の精‐』/レヴューロマン『シャルム!』


(3)新しい料金体系(消費税込)

《宝塚大劇場》

※当日B席(2階席17列目)は、当日券のみとなります。


《東京宝塚劇場》

※B席2階席16列目は、当日券のみとなります。


《その他の公演》

全国ツアー公演、首都圏公演、バウホール公演、梅田芸術劇場メインホールおよびシアター・ドラマシティ公演等の座席料金につきましては、公演の発表毎にご案内いたします。

詳しくは、宝塚歌劇公式ホームページにてご確認ください。



阪急電鉄株式会社 http://www.hankyu.co.jp/


リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6767_e164f7d7eef34fe434a330cc3d5a25641a174cc1.pdf


発行元:阪急阪神ホールディングス

    大阪市北区芝田1-16-1

カテゴリ:
企業動向
ジャンル:
芸能 音楽 その他エンタメ
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「182651」を
担当にお伝えください。