データ連携ツール「Magic xpi」の新バージョンをリリース

REST APIでクラウド連携をもっと簡単に

 データ連携プラットフォームと超高速開発ツールのグローバルプロバイダーであるマジックソフトウェア・エンタープライゼス(本社:イスラエル、NASDAQ:MGIC)の日本法人、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区代表取締役社長:佐藤敏雄、以下マジックソフトウェア)は、同社が開発・提供するデータ連携ツール「Magic xpi IntegrationPlatform(マジック エックスピーアイ インテグレーション プラットフォーム)」(以下、Magic xpi)の新バージョン、Magic xpi 4.9を2019年4月26日より販売開始することを発表します。


REST APIでクラウド連携が簡単に 

 このたびリリースされる最新バージョンでは、RESTクライアントコンポーネントが追加されました。従来からHTTPコンポーネントによりREST APIを呼び出すことはできましたが、RESTクライアントコンポーネントにより、REST APIの利用がより簡単になりました。これにより多くのクラウドサービスで標準的に利用されているREST APIを経由したデータ連携フローの作成がより容易になります。

RESTクライアントコンポーネントの主な特徴

・HTTP-Basic、HTTP-Digest、およびOAuth2認証をサポート

・添付ファイルの送受信が可能

・RESTサービスのGet、Post、Put、Patch、Head、Deleteの各オペレーションを呼び出せる


その他の追加機能

・フラットファイルのカスタム(EBCDIC)エンコーディングのサポート

・EBCDIC変換関数

・ODataアダプタのベーシック/ダイジェスト認証、およびWindows(NTLM)認証をサポート

・データマッパで送り先データベースがOracleとMS-SQLの場合、UPSERTをサポート

・その他:詳細はリリースノートに記載


新バージョンへのアップグレード

 現在有効なMagic xpiのソフトウェアメンテナンス契約ユーザ様は無償でアップグレードできます。


Magic xpi Integration Platformについて

https://www.magicsoftware.com/ja/integration-platform/xpi/

 社内外に分散している様々なシステムやサービスが保有するそれぞれ異なるデータを、連携・同期・統合するデータ連携(EAI)ソリューションです。Magic xpiには 66 種 500 機能以上のアダプタ・コネクタ群を提供されているため、簡単で直感的なユーザーインターフェースからドラッグ&ドロップでシステム間のデータ連携フローを作成できます。作成されたフローはスケジューラ/タイマー、またはデータ変更イベントをトリガーにして自動実行されます。


マジックソフトウェア・ジャパン株式会社について

http://www.magicsoftware.com/ja

 イスラエル本社を中心に、全世界50カ国以上のビジネスネットを持つマジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)100%出資による日本法人です。超高速開発ツール「Magic xpa」と、データ連携プラットフォーム「Magic xpi」の開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。

 現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。


本社所在地  :  東京都新宿区北新宿二丁目21番1号 新宿フロントタワー24階

代表       :  代表取締役社長 佐藤 敏雄

事業内容    :  開発ツール分野  :Magicxpa、および関連製品の仕入/製造、販売業務

連携ツール分野  :Magic xpiの仕入/製造、販売業務

プロフェッショナルサービス:ツール製品の教育、サポート業務 他



プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「182518」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報