三島市の伊豆・村の駅「まぐろ道場」リニューアルから10万人突...

三島市の伊豆・村の駅「まぐろ道場」 リニューアルから10万人突破!締められ続けて1周年! 道場破りシリーズ第3弾!「道場破り一直線」を発売いたします

このたび、静岡県三島市で農産物直売所を営む『伊豆・村の駅』のまぐろ専門店『寝技食堂〆技一本!まぐろ道場』は、オープン1周年を記念して2019年4月27日(土)より、2つの新丼を発売いたします。(株式会社 村の駅が、PRを行っています)


道場破り一直線1


■新丼1 『道場破り一直線』 価格4,980円(税込)

初代

https://www.atpress.ne.jp/releases/182500/img_182500_3.jpg

2代目

https://www.atpress.ne.jp/releases/182500/img_182500_4.jpg

3代目

https://www.atpress.ne.jp/releases/182500/img_182500_5.jpg


2つの道場破り丼に続く3代目のチャレンジメニュー「道場破り一直線」。全12段の板に乗ったネタは柔道の段級位制の帯の色に合せた内容になっています。


https://www.atpress.ne.jp/releases/182500/img_182500_1.jpg

※ネタは時期により変わる事もございます。


豪華な海鮮盛り合わせと併せて600gの超盛りご飯にチャレンジしていただくメニューとなっており、初代・2代目は2名まで挑戦OKだったところ、今回は1名で制限時間は30分の1本勝負。見事道場破りを制覇されたお客様には、記念写真の店内掲示と今までと同じくオリジナル道場看板を贈呈させて頂きます。

https://www.atpress.ne.jp/releases/182500/img_182500_6.png

※達成者へ送る、道場破り看板キーホルダー



■新丼2 『ねこにまぐろ節丼』 価格980円(税込)

https://www.atpress.ne.jp/releases/182500/img_182500_7.jpg


「猫に鰹節」ということわざがあるように「こんなにたくさんまぐろ節をかけたら、旨すぎて飼い猫のトロに食われちまうぞ」と言うくらい美味しい丼を道場長が作りました。てんこ盛りに乗っている削り節は「まぐろ節」です。自慢の「漬けまぐろ飯」にお客様の目の前で削る出来立てのまぐろ節をたっぷり乗せて完成です。漬けまぐろと卵の黄身とまぐろ節を良く混ぜると、まぐろ節の鼻に抜ける風味とかつお節にはないほど良い甘味が合わさり、まぐろの旨みを存分に味わう事ができます。


【ねこにまぐろ節丼、こだわりの食べ方】

(1) 一切れの漬けまぐろとまぐろ節を絡めて食べる。

(2) 卵の黄身を漬けまぐろと絡めて一口食べる。

(3) 全部をよーく混ぜて食べる。

(4) 最後に一口残して、焼津のまぐろ出汁をかけて流し込む。


これであニャたも、立派な「まぐろ好きのねこ」だニャー

https://www.atpress.ne.jp/releases/182500/img_182500_8.png

※道場長の飼いねこの「トロ」です



■まぐろ道場には「3つの食べ技」がございます。

https://www.atpress.ne.jp/releases/182500/img_182500_9.png



■ストアコンセプト

まぐろ道場とは、水揚げ高日本一を誇る静岡県のまぐろの「美味しさ、楽しさ」を発信し続ける、エンターテインメント道場である



■店舗概要

店舗名 :寝技食堂〆技一本!まぐろ道場

     http://www.muranoeki.com/contents/maguro.html

所在地 :〒411-0815 静岡県三島市安久322-1

施設  :伊豆・村の駅 TEL:055-984-1217

     http://www.muranoeki.com/

営業時間:平日   9:00~18:00

     土日祝  9:00~19:00



■会社概要

株式会社 村の駅

・食のテーマパーク開発

・農産物直売所

・観光土産品の企画・開発販売卸 及び品質管理

・通信販売事業の展開

・テナント店の開発・運営

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「182500」を
担当にお伝えください。