5G対応モバイル製品の出荷台数は2027年に19.8億台に! 5G用高周波部品・モジュールの市場規模予測レポートを発刊

スマートフォン等の無線通信機器用高周波部品の市場調査を行う有限会社ナビアンでは、5G対応製品や高周波部品・モジュールの市場規模を2027年まで予測した調査レポート“RF Devices / Modules For Cellular for 5G & 5G/NB-IOT”を発刊しました。

(レポートの目次等→ https://www.navian.co.jp/japanese/rf-market-report/5g-report/ )


本レポートでは、スマートフォンやフィーチャーフォンといった携帯電話に加えて、タブレットやノートパソコン、自動車などセルラー機能を搭載する機器全てを対象としています。

また、本レポートでは5Gの高速大容量通信や超低遅延といった特徴を生かした新しいコンセプトのモバイル製品“NEW Product X”の登場を想定しています。

更に、本レポートではNB-IOTやその5G版IOTといったセルラーLPWAも調査対象としています。



《レポートの概要》

●2027年における5Gに対応する製品の出荷規模は、19億8,000万台に

2027年におけるこれらセルラー対応製品の総出荷規模は40億3,200万台で、このうち5Gに対応する製品の出荷規模は19億8,000万台と予測しました。主な内訳は、スマートフォンが12億台、“NEW Product X”が4億台、ノートパソコン・タブレットPCが2億8千万台、その他1億台となっています。

5Gに対応したスマートフォンは、2019年から製品化される見通しですが、本格的な普及期は5G版のiPhoneが登場すると予想される2020年後半からとなりそうです。

また、利用周波数帯別では、3.5GHz帯や4.5GHz帯といったSub 6GHz帯が15億5,000万台と大半を占めています。28GHz帯や39GHz帯といったミリ波は、サービスエリアや搭載機器が限定的となり3億4,000万台に止まると予測し、3GHz帯以下が9,000万台と予測しました。


規格別セルラー端末の出荷規模予測 グラフ


●5G用のフロントエンドモジュール・高周波部品の市場規模は、1兆4,277億円に

5G用のフロントエンドモジュール・高周波部品の市場規模(RF Market)は、2027年に1兆4,277億円に拡大すると予測しました。ミリ波用のアンテナモジュールやSub 6GHz用のPAMiF(PA in Filter)といったフロントエンドモジュールが市場拡大の牽引役となる見込みです。

高周波部品では、Sub 6GHz用として、LTCC(低温同時焼成セラミックス)やIPD(Integrated Passive Device)といった技術を使用したFilterの市場が顕在化するほか、4Gの後期(LTE-Advanced)で実用化された4x4 MIMOやアップリンク キャリアアグリゲーションといった新機能向けのフロントエンドモジュールやSAW FilterやBAW Filterの需要拡大が5Gの普及に伴って本格化するとみています。

本レポートでは、こうした需要分を“4.5G-5G”向けとして分類、2027年に1兆1,420億円となると予測しました。

また、既存のフロントエンドモジュール・高周波部品の市場も、セルラー端末の出荷規模拡大や一台あたりのバンド数の増加などによって拡大するとみられ、2027年におけるフロントエンドモジュール・高周波部品の総市場規模は、2018年の3倍近くとなる5兆8,366億円に成長すると予測しています。


https://www.atpress.ne.jp/releases/178267/img_178267_2.png

高周波部品・モジュールの市場規模予測 グラフ



《会社概要》

社名 : 有限会社ナビアン

所在地: 〒167-0041 東京都杉並区善福寺2-18-2

Tel  : 03-5303-1303

E-mail: info@navian.co.jp

URL  : https://www.navian.co.jp/

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「178267」を
担当にお伝えください。