ビックカメラグループがインコム・ジャパンの決済プラットフォー...

ビックカメラグループがインコム・ジャパンの 決済プラットフォームを採用

インコム・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:荒井 琢麿、以下 インコム・ジャパン)は、株式会社ビックカメラ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:宮嶋 宏幸、以下 ビックカメラグループ)との間で、LINE Payに関する加盟店契約を締結し、2019年2月21日よりビックカメラグループ全店の全POSレジとの連動による取扱いを開始することをお知らせいたします。


ビックカメラグループは、インコム・ジャパンが提供する決済プラットフォームを利用することで、QR/バーコード決済サービスをPOSレジで読み取るだけで完了できるようになります 。なお、サービスはLINE Payを対象にビックカメラ・コジマ・ソフマップの全店、約200店のPOSレジで一斉に導入いたします。



インコム・ジャパンの提供するQR/バーコード決済サービスの特徴は以下のとおりです。


1. インコム・ジャパンは、POS連携で決済サービスを導入いたします。各決済サービス事業者のシステム仕様の相違点を吸収し、加盟店には同一の仕様で提供できる為、POSレジの初期開発が軽減できます。また、継続的に機能拡張を行っており、サービス拡張時の追加開発も最小化できます。


2. POS連携で決済サービスを導入するため、全ての決済手段が全店全POSで同一オペレーションになります。自動振り分け機能でPOS側でのペイメント毎の決済サービス選択も不要な為、店舗スタッフのオペレーション負荷の軽減につながります。


3. キャンペーン対応など、システム接続以外のサポートを行います。決済サービス事業者との窓口になり、各種調整を行うだけでなく、POPなどの販促物作成や物流支援などにも対応いたします。


4. 導入に際して発生する「契約」「精算」「電文管理」「問い合わせ対応」の業務に関しても窓口となり、一括対応いたします。幅広い加盟店サポートで、運用・管理面の効率化が可能です。

インコム・ジャパンは今後も新しい決済サービスを積極的に導入し、キャッシュレス社会の推進に貢献いたします。


※本プレスリリースに記載されている社名・サービス名等は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリースロゴ画像

カテゴリ:
企業動向
ジャンル:
ビジネス全般 経済(国内) 金融
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報