ソフトウェアAG、アジア太平洋日本地域担当プレジデントにアネ...

ソフトウェアAG、アジア太平洋日本地域担当プレジデントに アネリーズ・シュルツを任命

世界最大手の独立系ビジネス基盤ソフトウェア・プロバイダー、Software AG(フランクフルトMDAX:SOW)の日本法人であるソフトウェア・エー・ジー株式会社(本社:東京都千代田区、社長:マルコ・ウォレンス、以下 ソフトウェアAG)は本日、同社のアジア太平洋日本地域担当プレジデントにアネリーズ・シュルツ(Anneliese Schulz)を任命したことを発表しました。シュルツは、これまでSoftware AGアジアの副社長を務めてきましたが、前任のマイク・サクストン(Mike Saxton)がアライアンス・チャネルのグローバル・ヘッドに就任したのを受けて後任として任命されました。


アネリーズ・シュルツ


Software AGのアジア太平洋日本地域の統括責任者として、シュルツは全ての事業運営、パートナー・エコシステムの拡充、そして地域全体の成長と売上向上を担います。日本においては、2022年までに市場規模が12.3兆円に達すると予測され、飛躍的な成長が見込まれるIoT分野において、パートナー企業やお客様とのより緊密な関係を構築して事業を推進してまいります。


ソフトウェアAGの社長、マルコ・ウォレンスは次の通り述べています。

「この度、シュルツがアジア太平洋日本地域の責任者に就任したことを嬉しく思います。シュルツは日本人の血も入っており、日本語が堪能です。以前、Software AGの日本ならびに韓国のパートナー・ビジネスを主導するため数年間日本で勤務していたこともあり、日本市場に対する深い知識は間違いなくビジネス上の利点となります。Software AGは過去2年間で飛躍的な成長を遂げてきましたが、彼女のリーダーシップにより、特にIoTやハイブリッド統合、そしてAPIの分野で、さらなる事業の加速が期待されます。」


シュルツは2011年にSoftware AGに入社して以来、アジア太平洋日本地域におけるパートナー営業担当バイスプレジデントやアライアンス・チャネル担当バイスプレジデント、そして欧州においてはモバイル・ソリューション担当バイスプレジデントやサポート・サービス担当バイスプレジデントを務めました。彼女のリーダーシップのもと、これらの地域は毎年30%以上の成長を遂げました。Software AG以前は、SAP、Siemens、Original 1などの大手IT企業で営業およびマーケティングに携わっていました。


Software AGのCEOであるサンジェイ・ブラーマワー(Sanjay Brahmawar)は次の通り述べています。

「アジア太平洋日本地域の新しいリーダーとして、シュルツが任命されたことを喜ばしく思います。シュルツは過去8年間、Software AGで与えられた任務を全うし、実績を残してきました。そして彼女のこれまでのIoTやAPI管理に関する経験は、必ずや地域全体の成長に貢献すると確信しています。」


シュルツはシンガポールを拠点とし、CCO(Chief Customer Officer)であるジョン・シュワイツァー(John Schweitzer)の直属となります。そして、ソフトウェアAG社長のマルコ・ウォレンスとSoftware AG ANZバイスプレジデントのスチュアート・リース(Stuart Rees)を配下に置きます。


シュルツは次の通り述べています。

「インダストリー4.0が加速し、地域全体のデジタル化が進んでいます。Software AGは、アジア太平洋日本地域におけるあらゆる企業に、将来にわたるビジネスと持続可能性を提供していくため、2019年は市場コミットメントをさらに強化してまいります。」


シュルツの任命は、Software AGのさらなる成長を促進する戦略の一環として、バーンド・グロス(Bernd Gross)のCTO(Chief Technology Officer)就任、そしてパズ・マクドナルド(Paz Macdonald)のCMO(Chief Marketing Officer)就任に続くものです。



【Software AGについて】

Software AG(Frankfurt MDAX:SOW)はさまざまな企業のデジタル化を支援しています。当社独自のデジタル・ビジネス・プラットフォームにより、企業は顧客とより高度に交流し、新しいデジタルの旅に導き、独自の価値提案を促進し、新しいビジネスチャンスを創出することができます。モノのインターネット(IoT)市場では、企業はIoTコンポーネントの統合、接続、管理、および人口知能(AI)に基づいた将来のイベントの予測やデータ分析を行うことができます。デジタル・ビジネス・プラットフォームは、当社の数十年にわたる妥協なしのソフトウェア開発、ITの経験と技術的なリーダーシップに基づいて構築されています。当社は世界70ヶ国に約4,700人の従業員を有し、2018年度は8億6,600万ユーロの売上を達成しました。詳しくは、 http://www.softwareag.com/jp をご覧ください。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「177085」を
担当にお伝えください。