アクサ損害保険株式会社 2018年度第3四半期の主要業績のお...

アクサ損害保険株式会社  2018年度第3四半期の主要業績のお知らせ

アクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:ハンス・ブランケン)は、2018年度第3四半期(2018年4月1日~2018年12月31日)の主要業績を発表いたしました。


<2018年度第3四半期主要業績>

https://www.atpress.ne.jp/releases/176245/att_176245_1.pdf



        [2017年12月期] [2018年12月期] [増減額/増減率]

元受正味保険料:40,224百万円  40,642百万円  417百万円(1.0%)

正味収入保険料:39,558百万円  39,953百万円  394百万円(1.0%)

正味支払保険金:21,245百万円  22,011百万円  765百万円(3.6%)

正味損害率  :61.2%     62.6%     1.4ポイント

正味事業費率 :21.8%     25.4%     3.6ポイント

保険引受利益 :4,054百万円   4,688百万円   633百万円(15.6%)

経常利益   :4,463百万円   5,081百万円   617百万円(13.8%)

四半期純利益 :3,103百万円   3,671百万円   567百万円(18.3%)



          [2018年3月末] [2018年12月末] [増減額/増減率]

単体ソルベンシー

  ・マージン比率:782.5%    854.6%    72.1ポイント

総資産額     :95,398百万円  92,159百万円  △3,238百万円(△3.4%)

純資産額     :24,866百万円  28,336百万円  3,469百万円(14.0%)



【2018年度第3四半期 決算の状況】

<元受正味保険料、正味収入保険料>

元受正味保険料は前年同期比1.0%増の40,642百万円となり、正味収入保険料は前年同期比1.0%増の39,953百万円となりました。


<正味損害率、正味事業費率>

正味損害率は、主に自然災害の影響により、前年同期から1.4ポイント上昇して62.6%となりました。正味事業費率は、主に広告費の増加により、前年同期から3.6ポイント上昇して25.4%となりました。


<経常利益、四半期純利益>

正味損害率および正味事業費率ともに上昇したものの、責任準備金戻入額の増加および支払備金繰入額の減少により、経常利益は前年同期より617百万円増の5,081百万円、税引後の四半期純利益は3,671百万円となりました。


<単体ソルベンシー・マージン比率>

単体ソルベンシー・マージン比率は、前事業年度末より72.1ポイント上昇の854.6%となりました。



業績のハイライトおよびトピックスは以下のとおりです。

●当社主力商品の自動車保険収入保険料が順調な伸びを示し、増収増益を達成することができました。今後も堅固な収益力を基盤として、顧客への強固な支払い余力(ソルベンシー・マージン)を維持するとともに、改革に必要な投資を行っていきます。


●株式会社スマートドライブが開発した、新テレマティクス関連サービス「SmartDrive Cars」と専用車載器の連携によるサービスを、2018年11月8日(木)からお客さまへ正式に提供開始しました。今後も、テクノロジーの力でリスクを「見える化」して事故ゼロ・渋滞ゼロの車社会の実現を目指す「MIRAI DRIVE PROJECT」を推進してまいります。


●女性の活躍推進に関する取組みが優れている企業に対し厚生労働大臣が認定する「えるぼし」において、損害保険業界初となる最高位3段階目の認定を取得しました。


●HDI-Japanによる2018年HDI格付けベンチマークの損害保険業界「問合せ窓口」部門において、最高評価となる三つ星を獲得しました。


●日本電信電話ユーザ協会による「第22回企業電話応対コンテスト」において、優秀賞を受賞しました。


●2019年1月12日(土)より、「アクサダイレクト総合自動車保険」の新CM「天体観測」篇を全国で放映開始しました。昨年に引き続き、アクサジャパン3社共通のブランドアンバサダーでもある俳優の岡田将生さんを起用し、“トラブルがあっても、アクサがいるから、安心して大切な人との大切な時間を楽しめている様子”を、やさしく、そして力強く演じていただいています。今後も、お客さまにとって頼れるパートナーとして、お客さまに安心を提供してまいります。



■アクサ損害保険について

アクサ損害保険株式会社は、1998年に設立され、翌年7月より営業を開始し、現在は主に自動車・バイク保険、ペット保険を販売しているAXAのメンバーカンパニーです。個人のお客さまを対象とした「アクサダイレクト総合自動車保険」は好調な売上を続け、保有契約件数は105万件を超えています。

URL: https://www.axa-direct.co.jp



■AXAグループについて

AXAは世界62ヶ国で16万人の従業員を擁し、1億500万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2017年度通期の売上は985億ユーロ、アンダーライング・アーニングスは60億ユーロ、2017年12月31日時点における運用資産総額は1兆4,385億ユーロにのぼります。AXAはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、AXAの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。

プレスリリースロゴ画像

カテゴリ:
業績報告
ジャンル:
保険 経済(国内) ビジネス全般
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「176245」を
担当にお伝えください。