カメラ+内径測定器付の管路孔曲り測定装置を開発、韓国電力社に...|

カメラ+内径測定器付の管路孔曲り測定装置を開発、 韓国電力社に供給

多摩川精機株式会社(所在地:長野県飯田市、代表取締役社長:関 重夫、以後 当社)は、韓国電力社向け曲率測定用プローブとして、当社のジャイロ技術を利用した、カメラ+内径測定器付のTUG-NAVI(タグナビ)を開発しました。


イメージ1


TUG-NAVIとは、当社の技術であるジャイロと加速度計を組み合わせた、管路孔曲り測定装置であり、地下に埋設された管路に、センサプローブを通すことにより、計測したデータから、その線形を描くことができ、地上からは見えない管路の孔曲りを正確に把握できる製品です。


韓国では、古い電力地中管路において、埋設された当時のマップとの相違が大きいことがよくあります。例えば、図面では直線になっているが実際には曲がっていて、近隣工事によりケーブル切断などの損傷事故が発生することも。さらに殆どが蛇腹管の為、水、泥、石、砂等の異物が多く、土圧により管路内部がゆがんでいることもあります。従来の測定方法では、曲率測定、異物検査、管内径測定を別々のセンサで行っていた為、時間、費用面でデメリットが生じていました。


このような状況の解消を目的として、韓国大陸電設社(韓国電力仁川本部)より当社に相談が入り、そこから製品化を進め、曲率測定、異物検査、管内径測定を一度に測定できるTUG-NAVIを開発しました。この結果、従来の測定時間、そして工期の短縮を実現することができるようになりました。


当該製品は、2014年度から開発が開始され、本年8月に韓国国土地理情報院により、新たな曲率測定法として認定を受けました。既に5セットが納入され、現場で稼働。2019年度より本格運用となります。又、引き続き、韓国電力社向け、地下埋設管マッピング用で、日本国内のインフラマッピングに多く採用されている、高精度のTUG-NAVIも評価段階にあります。


当社としては、韓国電力以外のインフラ測定や他の国向けにも、TUG-NAVIの拡販を検討しています。


https://www.atpress.ne.jp/releases/170334/img_170334_1.jpg

https://www.atpress.ne.jp/releases/170334/img_170334_2.jpg



◆多摩川精機 概要

会社名   : 多摩川精機株式会社

本社    : 〒395-8515 長野県飯田市大休1879

代表者   : 代表取締役社長 関 重夫

設立    : 昭和13年3月3日

ホームページ: http://www.tamagawa-seiki.co.jp

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「170334」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報