京セラ美術館 2018年秋季特別展「第3回 日本陶磁協会奨励...

京セラ美術館 2018年秋季特別展 「第3回 日本陶磁協会奨励賞 関西展」

関西を中心に活躍する陶芸作家の作品 約90点を展示

 京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、社会貢献活動の一環で開設している京セラ美術館(京セラ本社ビル1階)において、本年10月21日(日)から11月25日(日)までの約1ヵ月間、2018年秋季特別展として、公益社団法人 日本陶磁協会主催の「第3回 日本陶磁協会奨励賞 関西展(京都・滋賀・奈良・和歌山・大阪・兵庫)」を開催しますので、お知らせいたします。

 このたび、日本陶磁協会より、「やきもの」に関係が深い当社にて、本展を開催したいとの申し入れがあり、当社としても、地元の皆様をはじめ、観光にお越しになった皆様に、ファインセラミックスのルーツである「やきもの」の魅力に触れていただくとともに、若手陶芸作家の育成に協力したいとの思いから、開催へといたりました。

 「日本陶磁協会奨励賞」は、鑑賞・茶陶部門および実用陶器・クラフト部門における優れた作品に対して贈られるもので、産業陶器から茶陶・立体造形まで幅広い作品が対象となります。関西展では、本年9月までに応募があった多数の作品の中から選ばれた奨励賞5点、入選74点のほか、1954年から実施している協会賞の受賞作家の作品、京セラ美術館が所蔵するファインセラミック茶器「玉磁」を含め、約90点を展示する予定です。

 会期中の10月27日(土)、11月3日(土)には、記念講演会などのイベントも予定しており、鑑賞用作品から実用陶器まで、多彩な陶芸作品を通じて、「やきもの」の魅力を感じていただける内容となっています。


◇ 奨励賞(鑑賞・茶陶部門)


◇ 奨励賞(実用陶器・クラフト部門)


■展示概要

展  名
京セラ美術館 2018年秋季特別展
「第3回 日本陶磁協会奨励賞 関西展」
会      場
京セラ株式会社本社ビル1階 京セラ美術館
(住所:京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地)
会      期
2018年10月21日(日)~11月25日(日)の約1ヵ月間
※ 会期中は毎日開館
開館時間
10:00 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
入 館  料
無料
出 展  品
約90点
主    催
公益社団法人 日本陶磁協会
共      催
京都府、京都市、京都新聞、京セラ美術館
後  援
経済産業省、観光庁、京都商工会議所、
公益社団法人 京都観光協会、京都陶磁器協同組合連合会、
京都工芸美術作家協会、京都美術商協同組合、京都美術倶楽部、
NHK京都放送局、KBS京都、日本経済新聞社京都支社、滋賀県、
甲賀市、信楽陶芸作家協会、信楽陶器工業協同組合、
BBCびわ湖放送、奈良県、奈良市、奈良新聞社、奈良テレビ放送、和歌山県、紀伊民報社、大阪府、朝日新聞社、産経新聞社、
関西テレビ放送、毎日放送、読売テレビ、兵庫県、篠山市、
三田市、兵庫県工芸美術作家協会、神戸新聞社、
日本陶磁協会京都後援会、日本陶磁協会大阪後援会、
日本陶磁協会明石後援会
協  賛
京セラ株式会社、一般財団法人 京都陶磁器協会
協  力
文化庁 地域文化創生本部、城南宮、伏見酒造組合


■主な関連イベント(記念講演会)
【日時】10月27日(土) (1) 11:00 ~ 12:00 /(2) 13:00 ~ 14:00
    11月3日(土)   (3) 11:00 ~ 12:00 /(4) 13:00 ~ 14:00

【場所】京セラ本社ビル2階 プレゼンテーションルーム
【内容】(1)「自分にとってのやきものとは」
        深見陶治(陶芸家)× 森孝一(日本陶磁協会常任理事)
    (2)「京都の中の伝統と革新 ―京焼を中心に―」
        中ノ堂一信(京都造形芸術大学客員教授)
      (3)「京都のチカラ・京焼の魅力」
                      森野泰明(陶芸家)× 森孝一(日本陶磁協会常任理事)
    (4)「酒器の醍醐味」

        増田徳(※1)兵衞 (伏見酒造組合理事長/和食文化国民会議理事)
                     × 森孝一(日本陶磁協会常任理事)


※1 正しくは旧字体 

※2    参加無料。定員は各50名。

         申し込みは、京セラ(株)文化施設部(TEL:075-604-3518)までご連絡くだ

         さい。

 






 












カテゴリ:
イベント
ジャンル:
アート・デザイン ビジネス全般
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「168443」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報