Recorded Future  スレットインテリジェンス専門知識集団が日本参入  東京五輪に先駆け企業の防衛強化を支援

東京 -2018年10月1日- 世界第1位のスレットインテリジェンス提供企業であるレコーデッド・フューチャー(Recorded Future)は本日、日本法人レコーデッド・フューチャー・ジャパン株式会社を設立したことを発表しました。これに先立ち同社は2017年6月にシンガポール現地法人を立ち上げており、アジア太平洋地域でのプレゼンスを拡大します。日本ではさらにプリセールス、ポストセールステクニカルサポートチームとカスタマーサクセスチームも展開する予定です。レコーデッド・フューチャーは近年アジア太平洋地域で顧客を獲得、顧客基盤にはすでに日本の著名な金融、電気通信、サービス、技術系企業も名を連ねます。


Recorded Future


「東京五輪が近づくにつれ日本は最先端のサイバー攻撃から防衛しなければならず、差し迫る脅威に先手を打つべく、現在、サイバー・セキュリティのリーダーに活発に協力していると理解しております。お客様が今日の最先端の攻撃から確実に防御できるよう、政府関係者を支援し直面する脅威を把握し、防御できることが当社の最優先課題です」― レコーデッド・フューチャー最高経営責任者兼共同創設者クリストファー・オールバーグ博士は語ります。


レコーデッド・フューチャーのユニバーサルなスレットインテリジェンスプラットフォームは、マシンラーニングを装備しリアルタイムに脅威情報を提供します。同社の特許取得済み技術は、オープンウェブやダークウェブ、技術ソースから情報を自動的に収集・分析し、非常に有益なコンテキスト情報を提供してリスクを低減します。レコーデッド・フューチャーのマシン分析によるセキュリティイベントデータの処理能力を今日マニュアルで実現しようとすれば、約9,000人のアナリストが1日8時間、週5日、年に52週稼働する作業量に匹敵します。


「優れたスレットインテリジェンスは、オープンウェブや技術ソースに加え、ダークウェブをいかに調査し、いかに関わるかという高度な理解が必要となります。当社チームはダークウェブも詳細に調査しているため、お客様の保護を支援する点においては並ぶものがないと信じています。日本でも人材に投資してプレゼンスを拡大し、お客様の成功を支援して参ります」とオールバーグ博士は続けました。



■最近のサードパーティによるレコーデッド・フューチャーの検証評価と投資効果

レコーデッド・フューチャーは2018年9月に公開されたSC Media脅威情報グループによる製品評価で首位に輝きました。同社は、機能、文書化、金額に見合う価値、性能、サポート、使い勝手の6つの評価カテゴリすべてにおいて満点を獲得致しました。


レコーデッド・フューチャーがスポンサーとなったIDCホワイトペーパー「Organizations React to Security Threats More Efficiently and Cost Effectively with Recorded Future(Recorded Futureにより組織のセキュリティ脅威への対応効率と投資効率が上昇)」の中で、IDCは、レコーデッド・フューチャーにより企業のセキュリティチームが脅威を検出するスピードが10倍上がり、セキュリティインシデントが発生した際の解決スピードは63%上がったと結論付けました。この調査結果に先立って出版された「The Forrester New Wave(TM):Digital Risk Protection, Q3 2018」(*)( https://go.recordedfuture.com/forrester-drp-wave )の中でもレコーデッド・フューチャーはリーダーに指名されています。


デモのお申し込み先: https://go.recordedfuture.com/demo



レコーデッド・フューチャーのオールラウンドな脅威ソリューションには以下も含まれます。


● ウェブアプリケーション:3億個にのぼるセキュリティ侵害の兆候について情報を提供するインテリジェンスサマリーカード、ダッシュボード画面、検索機能、情報元へのリンクのすべてに直接アクセスを提供します。


● ブラウザ拡張:ウェブページ上の任意のインジケータにブラウザからシームレスな直接アクセスを提供します。


● 統合:任意のセキュリティソリューションから脅威情報へのアクセスを可能するビルトイン機能により、瞬時に状況の把握と相関付けます。


● 脅威情報プラットフォーム(TIP:Threat Intelligence Platform):脅威情報を内部データや専有データと共に集約、脅威フィードをカスタマイズして統合を可能にします。


● レポート:お客様からリクエストのあったトピックに関する専門家による分析レポートや、お客様の業界や組織に関連する定期的分析レポートを提供します。



■レコーデッド・フューチャー、Security Days Fall 2018 Tokyoに出展

国内初出展します。

https://reg.f2ff.jp/public/session/view/6974

2018年10月3日(水)~5日(金) JPタワーホール&カンファレンス(KITTE 4F)

講演:10月3日(水) 14:15-14:55 同時通訳

   人工知能(AI)と機械学習を使ったリアルタイムサーバースレットインテリジェンスとは?

   チーフテクノロジーオフィサー Staffan Truve(スタファン ツゥルブェイ)

展示:ライブデモを行います。



■レコーデッド・フューチャーについて

レコーデッド・フューチャーは、特許取得済みの機械学習を装備した唯一の包括的な脅威情報ソリューションを提供してリスクを低減します。ビジネスに悪影響が及ぶ前に未知の脅威を暴き出せるようにし、アラートへの対応も10倍スピード化します。セキュリティチームの努力に大きな力を与えるのが、技術やオープンウェブ、ダークウェブの情報源から自動的に情報を収集、分析し、お客様独自のデータを統合する当社技術です。レコーデッド・フューチャーは、脅威フィードよりも多くのコンテキスト情報を提供し、リアルタイムで更新するため情報は現状に直結し、情報を集中管理して人間が解析し、協調行動をし、他のセキュリティ技術と統合できるようにします。フォーチュン100社の91%がレコーデッド・フューチャーを活用しています。詳しくは、 www.recordedfuture.com をご参照ください。当社公式Twitterアカウントは @RecordedFuture です。


(*) The Forrester New Wave(TM):Digital Risk Protection, Q3 2018, Forrester Research, Inc., July 17, 2018

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報