統合型コラボレーションツールとして刷新 「POWER EGG...|

統合型コラボレーションツールとして刷新  「POWER EGG 3.0 Ver3.0c」を提供開始 ~「気づき」と「つながり」をコンセプトに進化~

ディサークル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西岡 毅、以下 ディサークル)は、働き方改革の基盤として多くの企業で導入が進むポータル型グループウエア、ワークフローシステム「POWER EGG(パワーエッグ)」のメジャーアップデート版「POWER EGG 3.0 Ver3.0c」を2018年9月14日(金)より提供開始いたします。


「POWER EGG」は、2000年から提供を開始し、「気づき」をコンセプトに業務生産性向上を目指して、プッシュ型ポータル機能やワークフロー機能を提供してきました。これまで約1,300社41万ライセンスの販売実績を誇り、働き方改革を推進する企業、特に金融機関における導入実績がここ数年で急増しています。「業務生産性の向上」「決裁の迅速化」「業務プロセスの見える化」「ペーパーレス化によるコスト削減」の4軸における導入効果が数値として顕著に表れ、導入企業から非常に高い評価と満足度をいただいています。


次世代製品となる統合型コラボレーションツール「POWER EGG 3.0」シリーズでは、これまでの「気づき」に加え、「つながり」をコンセプトにさらに進化し続けます。今回発表する「POWER EGG 3.0 Ver3.0c」ではこれからのAI時代を見据えて、柔軟な連携処理を可能とするREST APIを実装。さらに、モバイル環境でも円滑に業務を進められるよう、スマートフォン画面のユーザーインターフェースを全面刷新しました。また今後、新たにユーザー企業間のコラボレーションを促進するスペースなどの機能やさらなる生産性向上のためにAI技術を活用した秘書機能などの実装を予定しています。



■【POWER EGG 3.0 製品概要】

<主な機能強化>

(1) 業務アプリとつながる

・お使いのメールシステムや業務アプリケーションとの連携拡張の強化

(2) いつでも・どこでもつながる

・スマートフォンのユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンスを全面刷新

 - 最新のスマートフォンアプリに近い操作性を実現

 - マテリアルデザインの採用

・スマートフォンからWebデータベースを利用可能に改善

(3) 製品体系、価格体系の見直し

・機能の統合により、わかりやすく・シンプルな「製品体系・価格体系」へと変更。

※ポータル等のベース機能、スマートフォンやデータインポートツール等を標準機能へ搭載など


その他、機能強化内容は、POWER EGG 製品サイトをご覧ください。

https://poweregg.d-circle.com/product/new/



【製品体系図】

POWER EGG 3.0 製品体系イメージ


<製品価格(パッケージ版/税別)>

1. グループウエア   :4,000円/1ライセンス

2. 汎用申請ワークフロー:6,000円/1ライセンス

3. Webデータベース   :8,000円/1ライセンス

4. 経費精算ワークフロー:5,000円/1ライセンス

5. CRM         :2,000円/1ライセンス

※10ライセンス単位でのご契約となります。上記は10ライセンスのみ購入いただいた場合の単価であり、購入ライセンス数によって価格は変動します。

※購入いただくライセンス数は、それぞれの利用機能毎にカウントします。

※年間保守料が別途発生いたします。


<動作環境>

クライアントOS  :Microsoft Windows 7,8,8.1,10(32/64bit)、

          Mac OS X v10.4 Tiger 以降

推奨解像度    :1280×800px以上(WXGA)

ブラウザ     :Microsoft Internet Explorer 11、

          Google Chrome 最新安定版、

          Mozilla Firefox 最新安定版、Microsoft Edge 最新安定版

スマートフォン対応:iPhone、iPad、Androidスマートフォン・タブレット


※詳細は動作環境をご確認ください。

https://poweregg.d-circle.com/product/requirement/cloud/


<提供開始日>

2018年9月14日(金)※

※POWER EGG オープン クラウド(パブリッククラウド)サービスご利用中のお客様については、10月より順次バージョンアップを行う予定です。詳細につきましては、改めてお客様へご案内いたします。



【ディサークルについて】

ディサークルは、「気づき」を促すポータル型グループウエア、ワークフローシステム「POWER EGG」を開発・販売することを目的に1999年に設立されました。金融・民間企業を中心に「お客様の業務生産性向上」をメインテーマに、マーケットニーズを的確に掴んだ製品開発を目指し、お客様にとって確実に導入効果が得られる製品「POWER EGG」を2000年より販売しています。

URL: https://www.d-circle.com/company/



【POWER EGGについて】

POWER EGGは、統制強化と業務生産性の両立を図る上場企業や中堅企業を中心に、「気づき」を促すプッシュ型ポータル機能やワークフロー機能などを提供しています。最近では、地域金融機関における導入実績が急増し、2018年8月末時点で、1,289社(自治体:78団体 金融機関:32行庫を含む)約412,000ライセンスの販売実績となり、国産ポータル型グループウエア、ワークフローシステムとして高い評価を受けています。



※「POWER EGG」はディサークル株式会社の登録商標です。

※その他記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「166007」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報