香老舗 松栄堂、香りのエッセイコンテストを開催&作品募集開始...|

香老舗 松栄堂、香りのエッセイコンテストを開催&作品募集開始  京都・薫習館では過去金賞受賞33作品を期間限定展示

京都の香老舗 松栄堂(所在地:京都市中京区、代表取締役社長:畑 正高)は、香りについて自由に表現するエッセイコンテスト「香・大賞」の第34回の作品を2018年9月1日(土)より募集開始いたしました。(締切:2018年12月20日(木)(当日消印有効))

また、募集開始日当日の2018年9月1日(土)から、平成以前から平成最後の年までを彩った「香・大賞」金賞33作品の展示を「薫習館(くんじゅうかん)」で行います。


第34回応募要項


■第34回応募要項

毎年の応募作品からは、繰り返される日常の中に、ひとそれぞれの香りの物語があることに気づかされます。また一方で、香りも人々の新しい動きに敏感であるかのように、作品からはリアルな時代変化も感じ取ることができます。身近な香りに心をとめていただき、自由な発想でご応募ください。

受賞作品は『かおり風景』冊子にまとめられるほか、新聞紙面など様々な媒体に掲載されます。



■応募概要

<テーマ>

「香り」について自由に表現したエッセイを募集します。


<応募資格>

不問


<応募規定>

800字(400字詰縦書き原稿用紙2枚。ワープロ原稿の場合は、普通紙に縦書き20字×40行としてください。この規定からはずれる場合は文字数を文末に併記してください。)

規定の文字数より大幅な過不足がある作品は選考の対象外となる場合があります。


<審査員>

鷲田 清一(哲学者・京都市立芸術大学理事長兼学長)・中田 浩二(元読売新聞文化部長)・畑 正高(松栄堂社長)


<賞・副賞>

金賞1名/副賞30万円・トロフィー

銀賞1名/副賞20万円・トロフィー

銅賞2名/副賞10万円・トロフィー

(ほか各賞)


<作品受付>

2018年9月1日(土)より受付開始


<締め切り>

2018年12月20日(木)(当日消印有効)


<発表>

入賞者には直接通知いたします。選外の応募者の皆様には入賞作品集『かおり風景』の発送(2019年6月下旬頃)をもって発表と代えさせていただきます。


<作品送り先とお問い合わせ>

〒604-0857 京都市中京区烏丸通二条上ル東側

香老舗 松栄堂「香・大賞」係

TEL:075-212-5591


<主催>

「香・大賞」実行委員会・香老舗 松栄堂


<後援>

環境省・日本経済新聞社大阪本社


<特設ページ>

http://www.shoyeido.co.jp/contest/index.html


<過去の受賞作品(Facebook)>

https://www.facebook.com/kaorifuukei/


<関連展示イベントのお知らせ>

「『かおり風景』作品展 ~エッセイで見る平成の香り~」

香老舗 松栄堂は、今年、日本の香文化を中心とする情報発信拠点として「薫習館」を創設しました。9月は同館1F 松吟ロビーにて、「香・大賞」第1回から第33回までの金賞受賞作品を展示紹介いたします。平成以前から平成最後の年までを彩った「香り」を、33作品のエッセイを通して感じていただけます。また、作品集『かおり風景』の表紙イラストも10点ほど展示いたします。


【会期】

前期:9月1日(土)~13日(木)第1回~第17回の金賞受賞作品を展示

後期:9月14日(金)~25日(火)第18回~第33回の金賞受賞作品を展示


【場所】

松栄堂 薫習館1F 松吟ロビー ◎入場無料



■松栄堂について

1705年に京都に創業して以来、今日まで一貫してお香の製造販売に携わる専門店。松栄堂のお香は、厳選された天然香料のみを使用。宗教用の薫香をはじめ、茶の湯の席で用いる香木や練香、お座敷用のお線香や手軽なインセンス、匂い袋などが揃っています。


商号 : 株式会社 松栄堂

設立 : 1942年5月(創業1705年)

所在地: 京都府京都市中京区烏丸通二条上ル東側

代表 : 代表取締役社長 畑 正高

URL  : http://www.shoyeido.co.jp

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「165859」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報