データ連携プラットフォームMagic xpi用 連携コンポーネント「AWSアダプタ」を発売

~ 日本で開発、グローバル展開も視野に~

エンタープライズ・アプリケーションプラットフォームとビジネス・インテグレーション基盤のグローバルプロバイダー、マジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の日本法人である、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(東京都新宿区 代表取締役社長:佐藤敏雄、以下マジックソフトウェア)は、システム連携プラットフォーム「Magic xpi Integration Platform」(以下、Magic xpi:マジックエックスピーアイ)の連携コンポーネントとして、Amazon Web Services(AWS)の各種サービスとの連携を可能にする「AWSアダプタ」を、9月13日より発売いたします。


S3、Redshift、RDSに対応


「AWSアダプタ」は、AWSで提供されている以下のサービスと連携する3つのコンポーネントで構成されています。

・Amazon S3アダプタ           S3へのアップロード、ダウンロード、ファイルの削除

・Amazon Redshiftアダプタ    CSVファイルをRedshiftのDBに転送

・Amazon RDSアダプタ                     AWSのRDS上でクエリーを実行

     


                                                       

エコシステムとの連携

Magic xpiの「AWSアダプタ」を利用することにより、AWSとのデータ連携の処理ロジックをコーディングすることなく、GUI画面の設定のみで作成することが可能になります。

Magic xpiがすでに提供済みの66種500機能以上のアダプタ群により、SAP、Salesforce、Oracle、IBM、Microsoftなどの主要なITベンダーの基幹システムやクラウドサービスとAWSとの連携を、高度なスキルレベルを必要とせずに短期間、低コストに実現することが可能になります。




AWSに精通したアイディーエスが開発、グローバル展開へ

「AWSアダプタ」は、Magic xpi用のアダプタ開発キット(SDK)の「コネクタビルダー」を使い、マジックソフトウェアの技術協力のもと、株式会社アイディーエスが開発しました。

AWS Advancedパートナーである株式会社アイディーエスは、ベトナム ホーチミン市に設立した子会社IDS Vietnamにアダプタ開発とサポート体制を整え、マジックソフトウェア・エンタープライゼスの本社・支社を経由した全世界50カ国へのグローバル展開も視野入れて準備を進めています。

 

今後は、以下のようなAWSサービスに対応した連携機能を順次追加する予定です。

・Amazon SQS(Simple  Queue Service)     メッセージキューイングサービス

・Amazon DynamoDB                                  NoSQLデータベースサービス

・Amazon EMR(Elastic  Map Reduce)        大量データの分散処理プラットフォーム


販売チャネルとライセンス形態

マジックソフトウェア・ジャパンからの直販と、Magic xpiのビジネスパートナーからの間接販売に加え、超高速開発ツール「Magic xpa(マジック エックスピーエー)」の800社以上のパートナー経由の販売を推進します。

ライセンス形態は買い取り型と、年間契約によるサブスクリプション型の2種を用意しており、年間40件の販売を見込んでおります。

  


エンドースメント

本発表にあたり、Magic xpiビジネスパートナーの日商エレクトロニクス株式会社様からエンドースメントを頂戴しております。

    ・今回のマジックソフトウェア・ジャパン様における、「AWSアダプタ」販売開始

  を心より歓迎いたします。弊社は「Magic xpi」をベースとした「PolarisGate」

  というクラウドデータ連携サービスのもと、お客様に最適なデータ連携の構築・

  運用サービスを提供しています。急速に伸長しているAWSとの連携をラインナッ

  プに加えることにより、お客様へ価値ある新たなサービスを提供できると確信し

  ております。今後も一層、マジックソフトウェア・ジャパン様との連携を強化

  し、「お客様にとっての最良のサービス」を提供してまいります。    

   日商エレクトロニクス株式会社    

   常務執行役員 ビジネス・プラットフォーム部門長 坂井 俊朗        


Magic xpiについて

https://www.magicsoftware.com/ja/magic-xpi-integration-platform

社内外に分散している様々なシステムやサービスが保有するそれぞれ異なるデータを、連携・同期・統合するシステムデータ連携(EAI)ソリューションです。Magic xpiには、66種500機能以上(※)のアダプタ・コネクタ群が提供されているため、簡単で直感的なユーザーインターフェースからドラッグアンドドロップでシステム連携フローがデザインできます。またインメモリ技術のミドルウェアを標準搭載し、実行サーバーのスケールアウトと冗長構成を容易に構築できるため、24時間365日ノンストップでかつハイパフォーマンスなシステム連携基盤を提供します。


マジックソフトウェア・ジャパン株式会社について

https://www.magicsoftware.com/ja

 

イスラエル本社を中心に、全世界50カ国以上のビジネスネットを持つマジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)100%出資による日本法人です。超高速開発ツール「Magic xpa」と、システム連携プラットフォーム「Magic xpi」の開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。

現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。

 

本社所在地  :  東京都新宿区北新宿二丁目21番1号 新宿フロントタワー24階

代 表   :  代表取締役社長 佐藤 敏雄

事業内容    : 

 ・開発ツール分野  :Magic xpa、および関連製品の仕入/製造、販売業務

 ・連携ツール分野  :Magic xpiの仕入/製造、販売業務

 ・プロフェッショナルサービス:ツール製品の教育、サポート業務 他

 

株式会社アイディーエスについて

 http://www.ids.co.jp/

 

独立系システムインテグレータ。情報系システム構築を専門としており、ECやAWSなどの各種システムの構築から運用、活用支援など、数多くの提案・開発実績を有します。

  特にAWSの分野においては、AWSのアドバンスドコンサルティングパートナーとして、サニークラウド(http://www.sunnycloud.jp)のブランド名にて数多くのアセスメント、AWS環境構築を行っています。

 

本社所在地  :  東京都港区三田3-2-8 Net2三田ビル2F

代 表      :  代表取締役社長 中野 貴志

事業内容    :  システム開発、AWS請求代行、AWS環境構築、ECサイト構築



 Magic、およびMagic xpa、Magic xpiは、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社の登録商標です。

Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、および当資料で使用されるその他の AWS 商標は、米国その他の諸国における、Amazon.com,Inc. またはその関連会社の商標です。

その他、本文中に記載のすべての社名および製品名は、各社の商標です。

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報