建築現場で信頼性がわかる!完成現場で住み心地がわかる! 9月...

建築現場で信頼性がわかる!完成現場で住み心地がわかる!  9月8日(土)を皮切りに、過去最大スケールの8日間  『クレバわかる 住まいの全国一斉博覧会』  全国150会場の住まいづくり現場で同時開催!

コミュニケーションワード「あなたの期待を超える家づくり。」を掲げ、北は北海道から南は九州・沖縄まで、170の営業拠点を展開するクレバリーホーム(株式会社 新昭和FCパートナーズ、代表取締役:井家上 進)では、9月8日(土)のクレバリーホームの記念日「クレバの日」を皮切りに、9日(日)、15日(土)、16日(日)、17日(月/祝)、22日(土)、23日(日/祝)、24日(月/振休)の8日間、北海道から沖縄まで全国150会場の住まいづくり現場で、「クレバわかる 住まいの全国一斉博覧会」を開催いたします。


チラシイメージ


■「クレバわかる 住まいの全国一斉博覧会」とは

2014年より毎年開催している全国一斉の「住まいづくり現場」の見学会です。今年は、1人でも多くの皆さまにクレバリーホームのこだわりや、住まいづくりの参考になる様々なアイデアを見て、聞いて、体験していただけるように、過去最大の8日間の開催となります。各会場では、20年、30年とメンテナンス費を抑えながら美しい外観を保つ「外壁タイル」をはじめ、地震や台風に強い「強靭な構造」、1年を通して快適な室内環境を整える「高気密・高断熱・高遮熱」、いつでもスッキリ片付く収納や家事のしやすい間取りを叶える「設計提案」など、クレバリーホームの住まいづくり現場だからこそのこだわりや、アイデア、ノウハウをご確認いただけます。



【実施概要】

名称: クレバわかる 住まいの全国一斉博覧会

期間: 2018年9月 8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)、17日(月/祝)、

        22日(土)、23日(日/祝)、24日(月/振休)

時間: 午前10時~午後5時(全日)

場所: 全国のクレバリーホームの完成現場および建築現場 他

    ※各会場の詳細は下記のURLからご確認いただけます。

    http://www.cleverlyhome.com/2018hakurankai/

内容: 建築現場及びモデルハウス見学会

    1. 外壁タイル

    2. 強靭な構造

    3. 高気密・高断熱・高遮熱

    4. 収納・家事ラクの設計提案

    ※見学会場によりご覧いただける内容が異なります。

特典: 「クレバリーホームオリジナルグッズ」をプレゼント!

    ※数には限りがございます。


チラシイメージ



≪博覧会のチェックポイント≫

実際の完成現場や建築現場で確かめていただきたい、賢い住まいづくりのチェックポイント。


1. 外壁タイルの魅力をチェック!

強さや美しさ、優しさなど、住まいに求められる多彩な性能を持ち合わせていることから、理想の外壁材といわれるタイル。クレバリーホームが長きにわたりこだわり続ける、美しさや素材感、耐久性、経済性を実際に触れてみながらお確かめください。


外壁タイルイメージ


2. 強靭な構造の秘密をチェック!

地震や台風に負けないために、建物の基礎となる構造には、クレバリーホームが独自に研究・開発した「プレミアム・ハイブリッド構法」を採用しています。完成後には見られない構造躯体を実際にご覧いただきながら、耐震性や耐久性へのこだわりや秘密をわかりやすくご説明します。


強靭な構造イメージ


3. 涼しさ・暖かさ・心地よさをチェック!

一年を通して、空気や温度といった目に見えない部分でも安心と快適をお届けするために、クレバリーホームでは、各所に高いレベルの気密・断熱・遮熱処理を施しています。玄関ドアを開けた瞬間から、空気の質や温度差の少ない室内空間を実感していただけます。


住宅性能イメージ


4. 収納や家事のしやすさをチェック!

しまうモノ、場所に合わせた“適材適所の収納”や家事ラク・子育てのしやすさ、家族の自然なふれあいを育む間取りアイデアをご確認いただけます。実際の使い勝手をイメージしながら、じっくりと自由設計ならではの間取りをご体験いただけます。


収納・家事ラクイメージ



■新昭和FCパートナーズへの移行について

株式会社新昭和は、2017年4月1日付けでホールディング体制に移行いたしました。これに伴い、クレバリーホームをはじめとするフランチャイズ事業についても同日付けで「株式会社 新昭和FCパートナーズ」に事業承継いたしました。これからも、さらなる「各事業の専門性の向上」、「より迅速な経営判断・決断・実行」、及び「きめ細かな顧客サービスの提供」を実現し、加盟企業の皆様、お客様のために邁進していきます。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「163251」を
担当にお伝えください。