明大建築/計画・設計スタジオワークス展 2018 SUMMER 9月10日(月)まで、生田キャンパスにて開催中

  明治大学理工学部建築学科3年生の設計演習科目「計画・設計スタジオ1」では、地域における社会的なニーズを踏まえて、設定された敷地において公共的性格をもった施設の設計・計画をする課題に取り組んでいます。

 2018年度の第2課題では、東京都府中市の小学校の更新を想定して、3つの小学校を計画・設計する課題を出題しました。学生たちは7名の教員が指導するスタジオに分かれて、少子高齢化が進行する時代に必要とされる公共的な性格を強化し、社会的な要となる「地域と連携する新しい小学校」の課題に取り組みました。本展では、それぞれのスタジオの優秀作品を展示するとともに、指導教員が推薦する学習図書を紹介します。


展示概要

会  期  2018年7月26日(木)~9月10日(月)

      ※休館日:8月10日(金)~16日(木)、19日(日)、26日(日)

時  間  月~金10:00-18:30、 土日10:00-16:30

場  所  明治大学 生田図書館 Gallery ZERO 

       (川崎市多摩区東三田1-1-1    044-934-7945)

      ※一般の方もご来場いただけます。お車でのご来校はご遠慮下さい

主  催  明治大学理工学部建築学科

発表作品 

出展者
出題タイトル(課題概要)
指導教員
寺島 瑞貴
川上 真由
「歩行者優先の街区にある小学校」
(府中市立第四小学校)
柴原 利紀 兼任講師
山縣 洋  兼任講師
桑田 龍之介
林 徹  
「学園通りに面したオープンな小学校」(府中市立第九小学校)  
山本 俊哉 専任教授木津 潤平 兼任講師
大澤 悠矢
皆川 真輝
菊地 裕基  
「豊かな自然や文化施設に囲まれた小学校」
(府中市立矢崎小学校)  
小池 啓介 兼任講師
大村 洋平 兼任講師池村  潤   兼任講師


取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。