【星野リゾート OMO7 旭川】【星野リゾート OMO5 東京大塚】 「OMOカフェ 朝食 人気メニューランキング」発表します

都市観光ホテルブランド「星野リゾート OMO」は、「OMO7 旭川(おもせぶん)」および「OMO5 東京大塚(おもふぁいぶ)」のOMOカフェ朝食人気メニューランキング(OMOカフェスタッフ調べ)を発表します。「旅先での朝食で失敗したくない」「どのメニューを食べたら間違いないのか知りたい」というお客様の声をきっかけに調査しました。「旅のテンションが上がる味」をスローガンに開発したメニューはお客様の舌を満足させられているのか!?今回はOMOカフェスタッフの総評付きでご紹介します。


OMO7 旭川 朝食ビュッフェ

【第1位】練りこんだジャガイモがポイント、目の前で焼き上げる「ワッフル」

実はワッフルが選ばれるかドキドキしていたのですが、1番オススメのメニューが1位でよかったです。苦労して開発した甲斐がありました。サラダやマリネサーモンをトッピングしたり、フルーツソースや蜂蜜をのせてデザートにしたりと好みで様々に楽しめるところが入賞の決め手でしょうか。ジャガイモを練りこんで、外はサクッ、中はフワァと焼き上げているため、軽い食感から何度もおかわりしていただける自慢の一品です。



【第2位】パンのツリー

パンが20種類以上並ぶコーナーは圧巻です。パンのなる木にみなさん引き寄せられているのかなと推測しています。木に掛けてあるベーグルは飾りと思われてしまっているのでぜひ召し上がってみて欲しいです。





【第3位】山わさび丼

和食コーナーからのランクイン。山わさび(西洋わさび)は本わさびと違い白く、爽やかな辛さが癖になります。北海道ではごはんのお供の定番です。おかかやバターを追加し味を変えることでご飯を何杯でも食べられちゃいます。




<星野リゾート OMO7 旭川「OMOカフェ&バル」>

大人 2,500円/7〜11歳 2,000円/4~6歳 500円 *3歳以下無料 *料金表示は税込みBreakfast 6:30−9:30(最終入店)/Lunch 11:30−14:00(ラストオーダー)/Bar 16:00−22:00(21:30ラストオーダー) *外来利用可(朝食は宿泊者優先)




OMO5 東京大塚ポット型のパイ生地に好きな具材を詰め込む ヴォロヴァン


【第1位】ヴォロヴァン ビーフシチュー

フランスの家庭料理「ヴォロヴァン」。サクサクのパイ生地に合わせて4種類の具材を用意しているのですが、ビーフシチューが1位になるなんて、肉食系のお客様が多いのかもしれません。じっくり煮込んだビーフシチューとバターの効いたパイ生地のハーモニーは絶品です。


【第2位】ヴォロヴァン 魚介のフリカッセ

OMOカフェスタッフのイチオシは「魚介のフリカッセ」です。多くの方に選んでいただけて嬉しいです。東京名物である深川の佃煮「あさり」をメインにしているので、その土地のものを味わいたい旅行者に選ばれていると思います。




【第3位】ヴォロヴァン フルーツ

甘党さんの支持を得ているこちらのメニュー。「朝のフルーツは金」ということわざもありますが、朝に糖分を摂ることで旅のテンションも急上昇間違いなしです。





<星野リゾート OMO5 東京大塚「OMOカフェ」>

「ヴォロヴァン」のオイシイ顔ぶれ・魚介のフリカッセ 900円・ビーフシチュー 1,000円・サラダ 900円・フルーツ 900円「OMOrning」 1,200円(お好きなヴォロヴァン/サラダまたはスープ/飲み物) *料金表示は税込みBreakfast 7:00−10:30(ラストオーダー)/Cafe 10:30−14:00(ラストオーダー)/Bar 15:00−24:00(23:00ラストオーダー) *外来利用可(朝食は宿泊者優先)




施設概要


【星野リゾート OMO7 旭川】所在地 北海道旭川市6条通9丁目、JR旭川駅より徒歩約13分客室 237室料金 5,000円~(2名1室利用時/1名あたり)*サービス料・消費税込




【星野リゾート OMO5 東京大塚】

所在地 東京都豊島区北大塚26-2-1、JR大塚駅より徒歩約1分客室 125室料金 7,000円~(2名1室利用時/1名あたり)*サービス料・消費税込 東京都宿泊税が掛かる場合あり


プレスリリース添付資料

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。