『月刊文藝春秋』で話題の記事を電子書籍化「この病気にはこの温...|

『月刊文藝春秋』で話題の記事を電子書籍化 「この病気にはこの温泉が効く」を 6月9日(土)発売!

 株式会社文藝春秋・電子書籍編集部では、電子書籍オリジナル「この病気にはこの温泉が効く 文春e-Books」(阿岸祐幸著)を6月9日(土)に配信します。


多火山列島でもある日本は、世界でも最も温泉の数が多い温泉大国です。日本人は、古来から温泉という文化に親しんでいて、統計によれば国民一人当たり1年に1泊は温泉地に宿泊しているほどです。現代では、宿やグルメも含んで、レジャーとしての側面が強い温泉ですが、かつては温泉療法の原型ともいえる「湯治」が一般的でした。「この病気にはこの温泉が効く」では、温泉でも特に医療効果が期待できる「療養泉」の特徴や効用を紹介しています。自分の体力や症状にあった温泉をぜひさがしてみてください。こちらは「月刊文藝春秋」6月号に掲載され話題となった記事を再編集して電子書籍化したものです。


本文から

日本では「温泉は健康にいい」という一般認識はあるものの、その効用についてはまだまだしっかりと理解されていない印象があります。ぜひ、これを機会に温泉療法について皆さんに知っていただき、活用していただければと思います。


著者プロフィール

阿岸祐幸(あぎし・ゆうこう)

1931年、北海道生まれ。北海道大学名誉教授(医学博士)。健康保養地医学研究機構代表理事。専門分野は温泉気候医学、健康保養地医学、環境生理学、内科学。北海道大学医学部附属温泉治療研究施設長、同附属病院登別分院長を経て、定年退官し名誉教授、現在に至る。日本及び世界の各種学会の会長、理事などを歴任。

著書に「入浴の事典」(東京堂出版)、「温泉と健康」(岩波新書)、「温泉の百科事典」(共著・丸善出版)、「ヨーロッパの温泉保養地を歩く」(共著・岩波書店)などがある。


【書誌情報】

「10種類の泉質から効用が分かる この病気にはこの温泉が効く」(文春e-Books)

著者:阿岸祐幸

販売価格:300円(税込)


配信日:6月9日(土)

※価格は電子書店によって異なる場合がございます


配信書店:Kindleストア、iBooks Store、楽天Kobo、ReaderStore、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、GALAPAGOS STORE他 電子書籍を販売している主要書店


URL 

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1692055100000000000H



■「文春e-Books」とは?

「文春e-Books」は、電子発のオリジナルコンテンツです。週刊文春、月刊文藝春秋の記事連載のまとめもの、ビジュアル系のオリジナルコンテンツなど、「紙では読めない本」をコンセプトに新しいコンテンツを提供しています。


カテゴリ:
商品
ジャンル:
書籍・雑誌 医療 健康・ヘルスケア
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「158307」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報