業界初の小型「サッチングユニット」など3モデルを発売|

業界初の小型「サッチングユニット」など3モデルを発売

お庭のメンテナンスができる「スーパーマルチツール」に新ユニット お客様の快適なガーデンライフをサポート

 京セラ株式会社の関連会社の京セラインダストリアルツールズ株式会社(社長:鈴木 健二郎)は、お庭のメンテナンスに使用する電動工具「スーパーマルチツール」用の新ユニット3モデルを、本日より本格的に発売しますので、お知らせいたします。


 昨年の発売からご好評いただいている「スーパーマルチツール」は、100ボルト電源で使用する本体ユニットに、別売りの先端ユニット4モデル(芝刈り用・雑草取り用・樹木の切断用・生垣の剪定用)を使用用途に合わせて取り付けるマルチ型のツールです。                   
 このたび発売する業界初※の小型ハンディタイプのサッチングユニット「SA01」は、芝の成長を妨げる、刈りカスや枯れた葉でできた「サッチ」を取り除く先端ユニットです。従来は、レーキでかき出す手間のかかる作業を、本製品により手軽に効率良く取り除けます。さらに、鎌などの刃研ぎや、金属の錆び取り用のやすりユニット「BY01」を発売。場所を気にせず使用できる、コードレスタイプの本体ユニット「BSMT-1800」も同時発売します。
 新ユニット3モデルは、使用用途をさらに広げたいというニーズに対応する、お庭のメンテナンスツールとして、快適なガーデンライフをお手伝いいたします。


芝のサッチ取り用サッチングユニット「SA01」の特長
■ 業界初※の小型ハンディタイプのサッチング機
刈りカスや、枯れた葉や茎でできたサッチを放置しておくと、通気性や水はけが悪くなり、芝の成長を妨げ、病気の原因にもなります。本製品は、芝生の上を滑らせるだけで、手軽にサッチをかき集める、芝のメンテナンス用ユニットです。

四角 立ったままのラクな姿勢でサッチ取り
別売りの専用「ポール」を取り付ければ、立ったままの姿勢でサッチ取りができます。



刃物の研磨用やすりユニット「BY01」の特長
■ 金属や木材のやすりがけが手軽にできる
ベルト状のやすりが回転する本製品は、草刈り鎌や生垣用ヘッジトリマの刃研ぎ、金属製品の塗装剥がしや、錆び取りに便利なユニットです。


充電式本体ユニット「BSMT-1800」の特長
■ コードレスで使用場所を選ばない
充電式は、電源が近くにない場所でも、電池パックを取り付ければすぐに使用できます。また、電源コードを気にせず作業ができる、手軽さも魅力です。



※2018年4月末現在。小型ハンディタイプにおいて。京セラインダストリアルツールズ調べ。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「156818」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報