マジックソフトウェア・ジャパン社の超高速システム連携ソリュー...|

マジックソフトウェア・ジャパン社の 超高速システム連携ソリューション 「Magic(R) xpi」を販売開始

~データとビジネス・プロセスをつなぐ 「SAP(R) Business One連携ソリューション」として取扱製品に追加し、 サービスラインナップを拡充~

ERP・基幹業務システムなどITソリューションで中堅・中小企業の企業価値の向上を実現させるFutureOne株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:櫻田 浩)は、「アプリケーション開発プラットフォーム」と「システム連携ソリューション」のプロバイダーであるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 敏雄)と「Magic(R) xpi」の販売に関する販売代理店契約を締結したことをお知らせします。


システムロゴ


■SAP(R) Business One連携ソリューションとして「Magic(R) xpi」を活用

「Magic(R) xpi」は、社内外に分散している様々なシステムやサービスが保有するそれぞれの異なるデータを、連携・同期・統合するシステム連携(EAI)ソリューションです。「Magic(R) xpi」には66種500機能以上のアダプタ・コネクタ群が実装されているため、簡単かつ直感的にドラッグアンドドロップでシステム連携フローをデザインできます。

また、「Magic(R) xpi」は、中堅中小企業向け基幹業務パッケージ「SAP(R) Business One」との標準連携アダプタを実装しており、ノンコーディングでのシームレスなデータ連携を実現します。「Magic(R) xpi」の活用により、効率的な外部インターフェイスの構築、および短期間でのビジネス・プロセスの自動化、最適化、モニタリングが可能です。連携工数の削減や社内データの有効活用など、さらなるビジネス促進へと繋げていきます。



■「Magic(R) xpi」について

https://www.magicsoftware.com/ja/magic-xpi-integration-platform


■「Magic(R) xpi」の特長

(1)ノンコーディングで連携処理を実装し、開発・運用のコストを大幅に削減

(2)豊富なトリガー機能がリアルタイム連携を容易に実現

(3)全てのデータ・プロセス連携フローを常時モニタリング

(4)インメモリデータグリッド・テクノロジー(注1)により、

  パフォーマンスと耐障害性を担保

(5) コネクタビルダーで独自のアダプタを作成可能


注1:大量のデータを複数のサーバのメモリ上にデータを分散管理し、並列に処理する技術


※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。



【会社概要】

社名  : FutureOne株式会社

代表者 : 櫻田 浩(さくらだ ひろし)

設立  : 2002年10月1日

社員数 : 274名(2018年1月1日現在)

本社  : 〒141-0032 東京都品川区大崎2-9-3 大崎ウエストシティビル 6F

URL   : https://www.future-one.co.jp/

事業内容: 「InfiniOne」、「MoneyOne」をはじめとする

      ERP・基幹業務システムを中心としたソリューションの

      開発・販売・サポートおよびECサイトの構築、

      ITコンサルティング

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「153828」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報