CUC公開講座 in 丸の内 2017  「アカウンタブルな社会・経済への大学の貢献」 第9回「SDGsと企業活動」開講

千葉商科大学(学長:原科 幸彦)では、社会貢献活動の一環として、一般財団法人統計研究会と共催でCUC公開講座を開講します。

本学は、社会科学の総合大学として、地域に貢献する教育研究拠点をめざした基本戦略「学長プロジェクト」の下、その実現に向けて全学一丸となって取り組んでいます。2017年度の講座は、7月から全9回に亘り、学長プロジェクトの紹介を軸に展開しています。本学設立の理念である商業道徳の涵養を現代に適合させ、アカウンタブルな社会・経済の形成に向け、大学の貢献の立場から参加者の皆さんと共に考え議論します。


前回の様子


◆学長プロジェクトについて

http://www.cuc.ac.jp/about_cuc/activity/project/index.html


2017年度最終回となる第9回は、企業の行動様式を環境や社会へ配慮したものに変えていくCSRの現代的あり方を探求する学長プロジェクト2から、国連で推進している環境社会配慮であるSDGs(持続可能な発展17の目標)の達成に取り組む企業活動を取り上げます。

ESG(環境・社会・企業統治を配慮した)投資を調査研究する株式会社QUICK ESG研究所リサーチヘッドの中塚 一徳氏、経団連でSDGsを盛り込んだ「企業行動憲章」を推進している損保ジャパン日本興亜株式会社CSR室シニア・アドバイザーの関 正雄氏、元日経新聞論説委員で本学園常務理事の内田 茂男名誉教授、そして日本取引所グループ(JPX)グローバル戦略部課長の吉松 和彦氏が登壇します。

本講座はどなたでも参加いただけます。



◆CUC公開講座 in 丸の内 2017【第9回(2017年度・最終回)】

【テーマ】

「SDGsと企業活動」


【日時】

2018年3月23日(金)16:00~18:20(受付15:30~)


【講座内容】

(1)「ESG投資の現況と企業のSDGs推進」

中塚 一徳 氏(株式会社QUICK ESG研究所リサーチヘッド)


(2)「企業行動憲章改定とSDGsに対する企業の取り組み」

関 正雄 氏(経団連 企業行動憲章改定タスクフォース座長・損保ジャパン日本興亜株式会社CSR室シニア・アドバイザー)


(3)「企業の「利潤極大化」基準とSDGs」

内田 茂男 学校法人千葉学園 常務理事・千葉商科大学 名誉教授


以上の講演の後、JPXグローバル戦略部課長の吉松 和彦氏と本学の原科 幸彦学長を交えて、討論(司会:伊藤 宏一 人間社会学部教授)を行います。


【会場】

Galleria商.Tokyo(丸の内サテライトキャンパス)

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル(帝国劇場横)1F お堀側

※公共交通機関をご利用ください。


【受講料】

無料 ※どなたでも参加できます。


【定員】

50名(先着順)


【申込締切】

3月22日(木)15:00


【申込方法】

CUC公開講座Webページの申込フォームよりお申し込みください。

http://www.cuc.ac.jp/special_news/project_news/i8qio0000002p5qg.html

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「151575」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報