NTT Com、マレーシアのDiversified Gateway Berhadと パートナー契約を締結

~アジア市場でマネージドICTサービスの展開をさらに拡大~

 NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也、以下 NTT Com)とDiversified Gateway Berhad(本社:マレーシア、COO:Robin Lim、以下 DGB)は、企業のICT環境の一元的な管理を実現するNTT ComのマネージドICTサービス「Global Management One」(以下 GMOne)の販売パートナー契約を締結しました。シンガポール・香港に続き、今回3カ国目となるマレーシアにおける販売パートナー契約締結により、アジア市場においてさらなるGMOne販売網の拡大と強化を目指します。


・Global Management One

http://www.ntt.com/business/services/management/operations-management/global-management-one.html


 今回、DGBが提供するネットワーク最適化コンサルティングサービスと、NTT ComのGMOneを組み合わせることで、マレーシアの中堅・大企業向けにマルチベンダー・ハイブリッド環境における最適な運用管理をエンド・ツー・エンドで提供することが可能になります。


 NTT Comは、パートナーとしてDGBに様々な営業支援ツールを提供するとともに、GMOneアカデミー*1にて、専門の資格を得るための研修を実施します。また、NTT Comのグループ会社Emerioを通じてDGBの既存顧客にGMOneを導入するなど、技術面でも連携していきます。



<Diversified Gateway Solutions Berhad エグゼクティブディレクター

Dato' Dr Tan Seng Chuan氏からのコメント>

 マレーシア初のNTT Comの販売パートナーとして、中堅・大企業にGMOneを提供できることを光栄に思います。マレーシアは統合ICT運用サービスへのニーズが高まっており、需要が見込める潜在市場だと感じています。



*1:GMOneアカデミーは、パートナーに対するGMOneのトレーニングプログラム。パートナーのセールスやプリセールスがGMOneのサービス内容、販売プロセス、実現技術などを習得することが可能。



■Diversified Gateway Berhadについて

 マレーシアをはじめシンガポールとタイにも拠点を置くDiversified Gateway Solutions Berhad (DGSB)グループ傘下のネットワークインテグレーター。1994年の設立以来、アジア各国の顧客にLAN/WANをはじめとしたネットワーク・情報通信の総合的なソリューションを提供。要求分析、コンサルティング、設計・構築から保守運用管理まで幅広く手掛ける。また、200名以上のSAPコンサルタントが在籍し、最先端のSAPソリューションを提供できることも大きな強みとしている。( http://www.dgsbgroup.com )



■Emerio GlobeSoft Pte. Ltd. について

 APACをはじめ世界11カ国に拠点を構えるグローバルITサービス&ソリューションプロバイダ。1997年に設立。2010年にNTTコミュニケーションズグループの傘下に入る。23カ国籍/1,850名以上の従業員を抱え、顧客は中小企業からフォーチュン500に入る世界企業や政府機関まで幅広い。アプリケーション、インフラ、コンサルティングの3つのサービスを柱として、各国の企業の事業効率とROIの向上を支援する。また、国際アウトソーシング専門家協会が発表する「2017グローバルアウトソーシング100(Global Outsourcing 100)」においてリーダーのポジションを獲得するなど、数多くのアワードを受賞している。

( http://www.emeriocorp.com )



■関連リンク

・Global Management Oneパートナープログラム(英語のみ)

http://www.ntt.com/en/partnerprogram/gmone

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「150523」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報