組織人に必須で、科学的に解明できる“リーダーシップ”は、教育...

組織人に必須で、科学的に解明できる“リーダーシップ”は、 教育によって実現する 「日本リーダーシップ学会」 第2回研究講演会を2月17日に開催

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の水野 明哲名誉教授(顧問・前学長)が会長を務める「一般社団法人日本リーダーシップ学会」が、第2回研究講演会を2018年2月17日に工学院大学新宿キャンパスで開催します。

2回目の開催となる今年は、研究講演会とワークショップをとおして“リーダーシップ”を考えます。研究講演会のセッション1では、産業医の辻田 敏氏ら企業人による研究発表を、セッション2では、新井 敏夫教授(工学院大学 情報学部システム数理学科)をはじめとする研究者が報告します。科学的に解明できる“リーダーシップ”を検証し、また、教育プログラムの開発を目指す取り組みを紹介します。



■日本リーダーシップ学会 第2回研究講演会 概要

開催日時:2018年2月17日(土) 13:00~18:30≪入場無料・事前予約不要≫

開催場所:工学院大学新宿キャンパス 中層棟5階B-0563教室

     東京都新宿区西新宿1-24-2)

     http://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/access.html


<プログラム>

13:00

開会宣言・会長挨拶

・水野 明哲(日本リーダーシップ学会会長、工学院大学名誉教授/顧問・前学長)


13:15

JLA活動報告

・新井 敏夫(日本リーダーシップ学会副会長、工学院大学 情報学部システム数理学科 教授)他


13:30

研究講演会セッション1「上司のリーダーシップ行動を部下のストレスチェックでモニターする」他2件

・辻田 敏(辻田労働衛生コンサルタント・産業医事務所)ら


14:15

研究講演会セッション2「リーダーに求められる組織での関係構築力」他2件

・大石 加奈子(東北工業大学 ライフデザイン学部 准教授)ら


15:15

ワークショップ「リーダー像、リーダー育成を考える」

・参加者によるグループワーク


17:00-18:30

情報交換会/懇親会

・参加者による情報交換会/懇親会


第1回研究講演会の様子



■日本リーダーシップ学会とは

リーダーシップの分野における日本初の学会で、“リーダーシップ”は“組織のあらゆる階層に必要とされ、科学的に解明できること、そして教育によって育成されること”を3つの柱に、日本経済復活の鍵となるリーダーの育成を目指しています。

日本リーダーシップ学会ホームページ: http://leadership-association.jp/



■企業の技術リーダー育成を行う工学院大学

工学院大学の大学院に2011年に開設したシステムデザイン専攻では、エンジニアが優れたリーダーシップを発揮してイノベーションをリードする場面がますます拡大するとの認識のもとに、経営感覚を兼ね備えた技術リーダーを本気で育成することに取り組んでいます。

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報