社会価値を生み出す企業・組織を表彰する 「KAIKA Awards 2017」でKAIKA賞を受賞  テーマは「常駐型ITエンジニアの働き方&キャリア改革」

株式会社エーピーコミュニケーションズは、一般社団法人日本能率協会(会長:中村 正己、以下"JMA")が社会価値を生み出す企業・組織を表彰する「KAIKA Awards 2017」にて「KAIKA賞」を受賞したことをお知らせいたします。


取り組みイメージ


◆「KAIKA Awards」とは

JMAが主催する、社会価値を生み出す持続的な経営・組織・人づくりを行っている取り組みを称え、紹介するための表彰制度です。

「KAIKA Awards」は2014年より開催されています。

http://kaika-management.com/awards/



◆受賞内容

<受賞名称>

KAIKA賞 (全社・全組織の部)


<受賞テーマ>

常駐型ITエンジニアの働き方&キャリア改革


<取り組み概要>

ITエンジニアとして顧客先に常駐する当社社員が、主体性を持って長期的なキャリア形成を継続していくための取り組み。これにより社員の定着率と技術スキルが向上し、人材リソースの7割強を上流工程にシフトすることができた。


<評価ポイント>

・顧客先に常駐するエンジニアのキャリア形成を改革することで、業界構造を変え、個人や社会に価値を高めていこうという取り組み。プロジェクトとしての取り組みをスタートしたのではなく、個々の問題意識から様々な施策が生まれてきた形が、現社長交代時に明確にされた経営哲学に基づいた共有価値観から生まれている。バラバラに見える施策や飲み会も、実は個人と組織の氷山モデルを有機的に統合させている点がユニークであり、自立的に進化し続ける組織を意図的に創り出していることが注目に値する。

・IT業界では、非正規雇用の多さや離職率の高さが指摘されているが、その構造に正面から立ち向かっている。社内における継続的な成長を目指せるように専門職だけではなく、管理職向けの研修やジョブローテーションを通じて、社員が各々の強みを発揮できるステージを設計している、結果的に組織としての成長へと繋げ、顧客価値を生み出している活動といえる。

(フィードバックコメントからの抜粋)



◆表彰式・事例発表

日時:2018年2月7日(水)17時15分~

場所:赤坂インターシティコンファレンス会議室(港区・溜池山王『赤坂インターシティAIR』内)


システム構築ベンダーには、顧客企業からシステム構築や運用業務のアウトソースを請け、顧客先に常駐するビジネスモデルの需要が一定以上存在しています。このビジネスモデルにおけるITエンジニアの雇用形態は、登録型の派遣や有期雇用のケースが多く見られ、彼ら彼女らの働き方やキャリア形成は十分に考慮されているとは言い難い状況です。


こうした市場環境の中で当社は正社員雇用を原則とし、常駐型の就業形態をとりつつも長期に渡ってキャリアアップできる仕組みを構築して参りました。

常駐という形態であっても、『どこよりもITエンジニアが自己成長を遂げることができる組織』を目指し、この取り組みを改善しながら継続して参ります。



◆株式会社エーピーコミュニケーションズ 会社概要

当社は、最新技術に精通し、「お客様が満足すればするほど、我々もベネフィットを得ることができる構図」を創出することができる「NeoSIer(ネオエスアイヤー)」として日本のSI業界を活気に満ちた面白い業界にすることを目指す、マルチエンジニア集団です。


会社名 : 株式会社エーピーコミュニケーションズ

代表者 : 代表取締役社長 内田 武志

所在地 : 東京都千代田区鍛冶町2-9-12 神田徳力ビル3F

設立  : 1995年11月

事業内容: 一次請け・レベニューシェアでの請負によるシステムの提案、

      開発、保守、ECサイト構築・運営、

      新規サービスの企画・開発、キャリア・ISP・DC向けSI・BPOサービス

URL   : http://www.ap-com.co.jp/



【商標名称などに関する表示】

*エーピーコミュニケーションズ及び「APCommunications」ロゴは株式会社エーピーコミュニケーションズの商標または登録商標です。

*記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリースロゴ画像

プレスリリース添付資料

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報