トランプ家のスパークリングワイン日本初輸入!数々の受賞歴を誇...

トランプ家のスパークリングワイン日本初輸入! 数々の受賞歴を誇る「ブラン ド ブラン2010」 3,000本限定で12/7~販売開始

~本国アメリカで大人気のトランプワイナリー自信作~

トランプワイナリー正規代理店の株式会社GT(本社:東京都中央区銀座、代表取締役:勝見 喜高)は、11月のトランプ大統領来日の際にスパークリングワインの輸入に成功し、「ブラン ド ブラン2010」を2017年12月7日(木)に販売開始します。


スパークリングワイン


「トランプワイン」は大統領就任後、アメリカ本国で人気を博し入手困難となっています。なかでもスパークリングワインはトランプワイナリーが特に力を入れて生産し、数々の受賞歴を誇っています。そのスパークリングワイン「ブラン ド ブラン2010」を初回3,000本限定で、日本で初めて輸入いたしました(※当社調べ)。価格は12,000円(税抜)です。



■商品概要

スパークリング ブラン ド ブラン2010

ぶどう品種   :シャルドネ100%

アルコール含有量:12.5%

pH       :3.1

総酸性度    :7.2g/L

残糖度     :辛口 0.75g/L

価格      :12,000円(税抜)


シャルドネに伝統的なシャンパーニュ方式を採用し、22ヶ月熟成した辛口スパークリングワインです。青リンゴやレモン、梨の花の香りを持ち、口に含むとシトラスノートを感じる切れのある酸味が特徴です。マイルドなチーズやアペリティフ、お寿司に併せていただくのもお勧めです。サンフランシスコ クロニクル ワインコンテスト金賞受賞。



■トランプ氏が経営する「トランプワイナリー」とは

アメリカワイン誕生の地であるバージニアのワインはその品質に定評がありますが、ほぼアメリカ国内で消費され、これまで本格的に輸出されることがありませんでした。


トランプワイナリーは2011年にバージニアで最も大きなワイナリーのひとつをトランプ家が買収して誕生しました。このワイナリーの購入理由の1つに「オリンピック湖」があります。1,300エーカー(526ヘクタール)もの広大な敷地に「オリンピック湖」を含む大小の湖を複数所有し、恵まれた土壌に幾つもの湖を配する地形によって、ブドウの生育に適した環境を維持しています。湖によって気温の上昇を抑制でき、栽培されるブドウの約半量がスパークリングワイン用である事がトランプワイナリーのこだわりです。


トランプ家のワインは「勝利のワイン」とも呼ばれ、縁起のいい「勝負のワイン」「成功のワイン」として人気を博しています。既に日本ではこの秋から赤ワイン(カベルネ・ソーヴィニオン2015)と白ワイン(シャルドネ2016)の2種類が全国の百貨店や高級スーパー、インターネットなどで販売されており、これで3種類のワインが勢揃いします。


特に今回輸入した「スパークリング ブラン ド ブラン2010」は、サンフランシスコ 国際ワインコンクールで金賞を受賞した自信作です。これからのパーティシーズンに、乾杯を華やかに彩る1本となります。


名称  :トランプワイナリー

所在地 :バージニア州シャーロッドヴィル

代表者 :エリック・トランプ(トランプ家次男)

敷地全体:1,300エーカー(526ヘクタール)



■株式会社GTについて

株式会社GTは、バージニア州政府公認のアジア圏初の正規代理店として、トランプワイナリーをはじめ、当社が選び抜いたバージニアワインの輸入販売業、及び卸売業・小売業を行っています。


所在地  :〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目10番4号

代表者  :勝見 喜高

設立年月日:2017年6月16日

事業内容 :酒類の販売(酒類販売業免許番号 京法第3247号)

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報