ソーラーカーの世界大会で豪大陸3,021kmを完走した工学院...

ソーラーカーの世界大会で豪大陸3,021kmを完走した 工学院大学の最新車両が「先端材料技術展2017」 帝人グループブースに登場

~ 学生が“設計”から“製作”までの全てを担当 ~

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクトである「工学院大学ソーラーチーム」の学生たちが製作したソーラーカーが、2017年11月29日~12月1日の期間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「SAMPE JAPAN 先端材料技術展2017」の帝人グループブースに登場します。


豪大陸3,021kmを完走したWing



【本件のポイント】

●工学院大学ソーラーチームが製作した最新車両を「SAMPE JAPAN 先端材料技術展2017」の帝人グループブース(ブース番号:S-08)に展示。

●大学の研究資源(教員)や“ものづくり”の施設を最大限に活用し、マシンの設計・製作からソーラーカーのドライバーなどレースのすべてを学生が担当。

●展示車両は、2017年10月にオーストラリアで行われた“完走率40%”という非常に過酷な世界最大級のソーラーカーレースで、7位でゴール。



【本件の概要】

工学院大学ソーラーチームの学生たちが、開発・設計から製作まですべてを手掛け作り上げた最新車両「Wing」が、東京ビッグサイトで開催される「SAMPE JAPAN 先端材料技術展2017」の帝人グループブースに展示されます。チームは、帝人株式会社を始め、株式会社ジーエイチクラフト、東邦テナックス株式会社、帝人フロンティア株式会社など約50のサポート企業のから多数の支援を得て最新車両「Wing」を製作し、世界大会に参戦しました。


<帝人グループからの主な提供素材・製品>

炭素繊維「テナックス(R)」製超軽量織物プリプレグ/ポリカーボネート樹脂「パンライト(R)」製樹脂窓/パラ系アラミド繊維「テクノーラ(R)」製プリプレグ/タテ型不織物「V-Lap(R)」製衝撃吸収シートクッション/超極細ポリエステル繊維「ナノフロント(R)」製グローブ/PPT繊維「ソロテックス(R)」製チームウェア など


「Wing」は、2017年10月にオーストラリアで開催された世界最大級のソーラーカーレース「2017ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に参戦し、エントリー27チーム中、完走は12チームという過酷なレースにおいて、オーストラリア大陸3,021kmを完走し、クラス7位(日本勢では2位)という成績を収めました。



■ SAMPE JAPAN 先端材料技術展2017

・開催日時   : 11月29日(水)~12月1日(金)10:00~17:00

・会場     : 東京ビッグサイト東7・8 ホール

・主催     : 公益社団法人日本洗浄技能開発協会、日本産業洗浄協議会、

         日刊工業新聞社

・公式WEBサイト: http://biz.nikkan.co.jp/eve/sampe/index.html



工学院大学ソーラーチーム特設サイト: http://www.kogakuin.ac.jp/solar

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「143970」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報