晩秋に輝く花の宝石「ダイヤモンドリリー」2,000鉢の展示会...

晩秋に輝く花の宝石「ダイヤモンドリリー」2,000鉢の展示会  加茂荘花鳥園(静岡県掛川市)にて10月21日から開催

育種31周年 安永2年(1773年)の建築「加茂荘」と幽玄なコラボレーション

加茂株式会社(本社:静岡県掛川市、代表取締役:加茂 登志子)が運営する加茂荘花鳥園では、『育種31周年 ダイヤモンドリリー展』を、2017年10月21日~11月末頃まで開催いたします。


2017年度 ダイヤモンドリリー展


本年で育種31年目となるダイヤモンドリリーは、南アフリカ原産のヒガンバナ科ネリネ属の球根植物です。陽の光を受けると花弁がダイヤモンドダストのようにキラキラと輝くことから、ダイヤモンドリリーとよばれています。1986年に当園に導入以来品種改良を重ね、一般的なダイヤモンドリリーよりも遥かに大輪で、手まりのように咲く優良品種を作出することができるようになりました。

2017年度ダイヤモンドリリー展期間中は、保有している10,000株を順次入れ替え、常時2,000鉢を庄屋屋敷内と多目的展示温室内に展示いたします。



◆『2017年度 ダイヤモンドリリー展』の見どころ

1.古民家屋敷「加茂荘」での展示会

桃山時代から続く庄屋・加茂家の邸宅である「加茂荘」は、安永2年(1773年)の建築です。保存状態が良く、映画やアニメの舞台としても使用され、「聖地巡礼」の目的で訪れるお客様が後を絶ちません。

晩秋の宝石のようなダイヤモンドリリーは、昔ながらの加茂荘の佇まいを浮き立たせ、幽玄で見事なコラボレーションを生み出すところに価値があります。今年度は特に加茂荘内の展示に力を入れ、画期的な展示を目指します。


2.多目的温室内での展示会

保有しているダイヤモンドリリー10,000株を常時入れ替えながら、長期にわたり最高の状態で展示を行います。(10月21日~11月末頃)

期間中は、ダイヤモンドリリーの苗の販売も行われます。温室内では他に、ストレプトカーパス、アジサイ、各種ベゴニア、ハンギングフラワーを展示しており、カモオリジナルの花が咲き競います。


3.今年流行の「フラミンゴ」と「フラミンゴピンク」

今年流行したフラミンゴ。当園でも7羽のフラミンゴを飼育しており、自由に触れ合うことができます。エサやりは無料!1回100円でフラミンゴの羽を使用したオリジナルストラップ作りも体験できます。


4.バードショー・鳥たちとふれあい

フクロウ・ハリスホークなどの鳥たちが1日2回、迫力ある、又は可愛らしいショーを披露します。1回300円で腕のせ体験もできます。園内の池にマガモ30羽~50羽を放鳥し、お客様には無料でエサやりをして触れ合っていただけます。クジャクエリア・水鳥エリアでのエサやりも無料です。


5.BBQ&芋煮鍋(予約制)

あつあつ芋煮付きのBBQメニューが登場!あたたかい温室内でのBBQです。

期間  :2017年11月下旬頃~2018年3月中旬頃(その他の期間は加茂荘里山BBQガーデン)

開始時間:11:00から30分毎(最終13:00)

食事時間:120分 ※その後も閉園まで滞在フリー

料金  :大人3,000円/小人1,200円(入園料込み)

場所  :多目的展示温室内 お休処

メニュー:肉(牛・豚・鳥)・芋煮鍋(加茂荘自家製味噌を使用)・ご飯

     ※飲み物のご注文は別途



【本イベントに関するお客様からのお問い合わせ先】

加茂荘花鳥園

Tel:0537-26-1211

プレスリリース動画

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「140399」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報