22年ぶりの国内開催で最先端のITS関連技術をアジア・世界と...

22年ぶりの国内開催で最先端のITS関連技術をアジア・世界と議論 「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡」 2018年5月8日~10日、福岡国際会議場にて開催

来る2018年5月8日(火)~5月10日(木)の3日間、福岡市の福岡国際会議場にて、第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡(実行委員長:中尾 和毅 西日本鉄道株式会社 常任顧問)を開催します。



【開催背景】

情報通信技術の活用によって渋滞や交通事故などの道路交通問題解決を目指す次世代交通システム「ITS」(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)は、IoT、AIの技術革新を背景に自動車関連技術を中心として進化を続けています。

そして、今回の開催地である福岡を始めとした九州地域は、公共交通システムネットワークや高速道路網が発達している地域であり、国内最先端のITS技術と事例を発信する場として最適であると言えます。また、150万都市である福岡におけるITSの取り組みは、アジアに多数存在する同規模の都市にとっても参考になるものと期待しています。



【イベント概要】

本フォーラムは、この成長著しい分野において日本が誇る最先端の技術を、国内はもとよりアジア、そして世界と結びつけるビジネスマッチングの場として新たな市場の創出に寄与するとともに、国内外の学生がITSの新たな製品やサービスを生み出すアイデアソンの実施などを通じて、将来を担う人材の育成という観点でも社会に貢献します。


来場者は国内・海外から会議参加者1,000名、さらに展示会参加者3,000名を見込んでいます。来場申込みは2017年11月末の開始予定ですが、現在、協賛/出展企業・団体を広く募集しています。



【開催概要】

◆主催: 第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡 実行委員会

◆会期: 2018年5月8日(火)~10日(木)

◆会場: 福岡国際会議場

◆見込参加者数:会議参加者 1,000名 展示会参加者 3,000名

◆公式サイト : http://www.itsap-fukuoka.jp/



【主なプログラム】

(1)国際会議

  ◎安全安心な社会を実現するITS

  ◎モビリティ社会のイノベーション

  ◎スマート社会を支える電子決済

  ◎インターネット社会から見たITS

  ◎安全な都市形成のための交通データの利活用

  ◎超スマート社会の実現に向けて

  ◎自動運転の実用化と必要なインフラ技術

  ◎九州・福岡における交通ビッグデータ活用と情報提供サービス

  ◎地域ITS

  ◎移動制約者向けITS

  ◎物流とITS

  ◎自動運転バスと地域社会の関わり方

(2)技術・製品展示と商談会

(3)社会実装体験

(4)ITS関連の先進施設や実装モデルを視察するテクニカルツアー

(5)国内9高専と海外学生参加によるアイデアソン:人材育成企画



≪協賛/出展に関するお問合せはこちらまで≫

第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡 事務局

mailto: sponsor-info@itsap-fukuoka.jp


≪それ以外に関するお問合せはこちらまで≫

第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡 事務局広報部

mailto: press@itsap-fukuoka.jp

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報