“渋谷陽一×天辰保文×ピーター・バラカン”座談会が登場!瀬川...|

“渋谷陽一×天辰保文×ピーター・バラカン”座談会が登場!
瀬川昌久が日米のジャズ・レコード100年を語る 
創刊5周年記念の電子版音楽雑誌ERIS第20号は9月7日発行

創刊5周年記念号となるフリー(無料)の電子書籍版音楽雑誌「ERIS/エリス」第20号は9月7日(木)発行。巻頭は“渋谷陽一×天辰保文×ピーター・バラカン”によるロック・ジャーナリズム50年の座談会と瀬川昌久が語る“日米ジャズ・レコード100年”の貴重な証言を掲載します。

座談会(左:ピーター・バラカン、中:渋谷陽一、右:天辰保文)



1967年11月に創刊された米国の「ローリング・ストーン」は初めてロックを論じた音楽雑誌。その創刊50周年を機に、当初からの読者だった三氏、渋谷陽一(ロッキング・オン代表取締役社長)、天辰保文(音楽評論家)、ピーター・バラカン(ブロードキャスター)に、ロック・ジャーナリズムの変遷と未来、そしてその役割を熱く楽しく語っていただきました。72年「Rockin'on」創刊時のエピソード、洋楽の危機からIT時代の音楽展望まで話題満載。

今年はジャズのレコード発売から100年の記念の年。60年以上にわたり文筆・評論活動を続けてきた重鎮、瀬川昌久が体験したジャズとその魅力とは。戦前・戦時下の日本のジャズや、50年代のチャーリー・パーカーとスタン・ケントンの共演など、貴重な証言がいっぱい。

人気連載「モア・ザン・ライナーノーツ」にはシカゴ大学の日本文学研究者、音楽評論家でもあるマイケル・ボーダッシュ教授が初登場。84年に発売されたザ・キンクスの最後の最高傑作だという「ワード・オブ・マウス」を特別な思いを抱くアルバムとして解説。

【雑誌概要】
タイトル  :「ERIS/エリス」第20号( http://erismedia.jp )
発行日   :2017年9月7日(季刊年4回発行、2012年創刊)
出版社   :エリス メディア合同会社
発行場所  :webサービス「BCCKS」( http://bccks.jp/ )
商品形態  :HPでのメールアドレス会員登録により無料で購読
編集人   :萩原健太(購読登録者数:23,000人)
記事内容  :通常の音楽誌が扱う新譜、ライヴ情報などは載せず、
       個性溢れる著名執筆陣が1万字のボリュームで音楽を
       熱くマニアックに語ります。音楽を読む楽しさ満載!
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「135899」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報