経済産業省の実施事業「平成29年度 需要家側エネルギーリソー...|

経済産業省の実施事業 「平成29年度 需要家側エネルギーリソースを活用した バーチャルパワープラント構築実証事業」に採択決定

~リソースアグリケーションビジネスの実証事業を開始~

エフィシエント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:坂越 健一、以下「エフィシエント」)は、経済産業省が一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)を通じて募集する実施事業「平成29年度 需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業」内の、「リソースアグリゲーター」に採択されました。

<「リソースアグリゲーション」スキーム>



バーチャルパワープラント(VPP)とは、再生可能エネルギー発電設備や蓄電池等のエネルギー設備やディマンドリスポンス(DR)等のVPPリソース導入促進事業者側の取り組み等、電力グリッド上に散在するエネルギーリソースを統合的に制御することで、発電所のような電力創出・調整機能が仮想的に構成されたことをいいます。

本事業は、高度なエネルギーマネジメント技術を用いて、エネルギーリソースを供給力・調整力等として活用するビジネスモデルの構築やネガワット取引の活用機会の拡大を図り、これにより内外の経済的社会的環境に応じた安定的かつ適切なエネルギー需給構造の構築を図ることを目的としています。

エフィシエントは、リソースアグリゲーターとして親アグリゲーターと連携し、需要家とVPPリソースの制御に関する契約を行い、電力グリッド上の散在する再生可能エネルギー発電設備の統合管理や、蓄電池、空調等に対する遠隔制御・統合管理を行います。
また今回の実施事業において、親アグリゲーターのSBエナジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義)との共同でVPP実施を行います。

エフィシエントは、自社が小売電気事業者として供給を行う需要家に加えて、他の小売電気事業者と連携し、各社の需要家に対して蓄電池等のVPPリソースや制御装置の導入支援を行うとともに、今実施で得られたノウハウを共有することで、将来的により大規模なVPP事業の構築を図ることを目指しています。


【エフィシエント株式会社】
設立   : 2015年6月
本社所在地: 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル4階
代表者  : 代表取締役 坂越 健一(さかごし けんいち)
事業内容 : 電力ビジネス代行事業、アウトソース事業、電力小売事業
事業内容 : http://eft-jp.com/
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「133960」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事