Kaizen Platformと電通・電通デジタル、 動画広告のクリエイティブ改善ソリューション “P動CA”をサービス開始

 Webのユーザー・インターフェース改善を簡単に実現する「Kaizen Platform」とバナー広告、動画広告の改善ソリューション「Kaizen Ad」を開発し提供するKaizen Platform, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:須藤 憲司、以下 Kaizen Platform)と、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博、以下 電通)、株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:榑谷 典洋、以下 電通デジタル)は、Facebook動画広告のクリエイティブ領域で業務提携し、動画広告のクリエーティブ改善ソリューション“P動CA”を6月22日、サービス開始いたしました。

P動CAロゴ



 動画広告の中でもFacebook広告はユーザーが実名制であるため、他のメディアに比べて非常に精度の高いターゲティングを実現できる一方で、同じ広告クリエイティブが何度も表示されることで、ユーザーに嫌がられるAd Fatigue(広告疲れ)が大きな問題となっています。

 Facebook広告で高いパフォーマンスを実現するには、短期間で多種類の広告クリエイティブを作成できるクリエイターと、広告のパフォーマンスのトラッキングとクリエイティブの入稿を省力化できるツールが必要となります。
 P動CAは、Facebookの動画広告のクリエイティブと運用を、簡単、安価、スピーディーに改善し、広告パフォーマンスを最大化できるソリューションです。
 具体的には、電通デジタル「アドバンストクリエーティブセンター(※)」のクリエーティブディレクターが、訴求軸を設定。その訴求軸に基づき、Kaizen Platformに登録している法人クリエイターに、動画広告の制作や改善を依頼し、短期間で様々な広告クリエイティブを集め、配信します。また、掲載中の各クリエイティブのパフォーマンスを分析し、パフォーマンスの下がってきたクリエイティブを簡単にローテーションさせることができます。

 電通および電通デジタルは、今回の業務提携を通じて、Kaizen Platformの提供する動画広告クリエイターのネットワークを活用し、クライアントに対して最適な動画広告クリエイティブを提供するとともに、広告パフォーマンスの最適化と広告効果の透明性を提供することができます。

 Kaizen Platformは、すでに、日本のみならず米国、欧州、ロシア、韓国、台湾においてゲーム、通販、人材サービス、金融など複数の業種の広告で利用されており、オリジナルのクリエイティブに対して最大255%のコンバージョンレートの改善を実現していいます。


■今後について
 クリエイターネットワークの拡大により世界の広告市場のクリエイティブ改善のトップシェアを目指してまいります。


(※)電通デジタル アドバンストクリエーティブセンター:
 「アドバンストクリエーティブセンター」は、データ・AIとクリエーティブの融合を目指し、電通デジタル パフォーマンスマーケティング第2部門に2017年4月に新設された事業部です。認知度や好意度を向上させるブランドリフト広告から、顧客獲得のためのダイレクトレスポンス広告(バナー/LP/オンライン動画/ソーシャル広告)まで、統合的に設計・プランニング・制作。広告配信の成果とあわせて、PDCAによる改善を行っていきます。
 広告の第一線で活躍するクリエーティブディレクター、コピーライター、アートディレクターや、ダイレクトレスポンスでの成果を向上させるノウハウを持つコンサルタント、ディレクター等、計24名のスペシャリストが在籍。
 高クオリティ・大量パターンのクリエーティブ制作の運用を行うデザイン・コーディング・編集の体制も整えています。

URL: http://advancedcreativecenter.com


■Kaizen Platformについて
 2013年3月設立。リクルートで最年少エグゼクティブとしてアドテクノロジーの部門をリードしてきた須藤 憲司をはじめとする経験豊富なメンバーにより創業。WebサービスやモバイルのUI改善をするA/Bテストのサービスと、改善提案を依頼できるグロースハッカーネットワークから成る「Kaizen Platform」ならびに、バナー広告、動画広告の改善ソリューション「Kaizen Ad」を開発し提供。


■会社概要
会社名 : Kaizen Platform, Inc.
代表者 : Co-founder & CEO 須藤 憲司
所在地 : 〒108-0072
      東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル10階
設立  : 2013年3月
事業内容: WebサービスのUI改善を簡単に実現できるプラットフォーム
     「Kaizen Platform」ならびに、バナー広告、
      動画広告の改善ソリューション「Kaizen Ad」を開発し提供。
URL   : http://kaizenplatform.com/ja/

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報