きょうと市民しんぶんが権威ある「全国広報コンクール」で内閣総...|

きょうと市民しんぶんが 権威ある「全国広報コンクール」で 内閣総理大臣賞を受賞

「擬人化」の手法など,読者が読みたくなる工夫が評価され,日本一になりました。

2017.05.16 11:00

平成29年全国広報コンクール(主催:公益社団法人日本広報協会)において,京都市の市政広報紙「きょうと市民しんぶん」が最高位の賞にあたる「内閣総理大臣賞」を受賞しましたので,お知らせします。※昨年度は「入選」を受賞。


1 受賞した紙面(平成28年6月1日号)の概要


(1)  1~3面において,ごみを擬人化したキャラクターが,ごみ減量に向けた取組や分別のルールを紹介する「6月は環境月間!誰とエコする?」を掲載。

(2)  見開き面(8・9面)において,イラストを用いた日記形式で,認知症の人との関わり方や具体的な症状の紹介。

(3)  その他,熊本地震の被災地の実情をルポ風に紹介する記事や「歩くまち・京都」の取組を職員が紹介する記事を掲載。



2 コンクールの概要


(1)  地方自治体等の広報活動の向上に資するため,公益社団法人日本広報協会が,地方自治体等で構成する会員団体を対象に昭和39年から開催。

(2)  審査は,広報紙,ウェブサイト,広報写真,映像,広報企画の5分野を自治体の規模により10部門に分けて実施。各部門から選ばれた8つの特選作品のうち,最も優秀な作品が,「内閣総理大臣賞」を受賞。


(3)  平成29年における応募作品総数は503点。京都府及び府下市町村の「内閣総理大臣賞」受賞は初。

 (4) 表彰式は6月30日に宮崎県で開催される全国広報広聴研究大会において実施。



【参考】きょうと市民しんぶん

 ・全市版(1日号)と各区版(15日号)を毎月発行

 ・約65万部を,市内各戸及び区役所等の公共施設,一部コンビニなどで配布

 ・「読みたくなる紙面」にするため,平成27年2月から編集方針を変更し,紙面の

 連動性やストーリー性,インパクトのある写真・イラストなどの活用を重視


プレスリリース添付資料

カテゴリ:
業績報告
ジャンル:
書籍・雑誌 社会(国内)
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「128545」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事