『九十歳。何がめでたい』が大ヒット中!佐藤愛子さんが語りおろ...

『九十歳。何がめでたい』が大ヒット中! 佐藤愛子さんが語りおろした半生記を 電子書籍オリジナルで配信決定!

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、4月21日より『本が売れて、何がめでたい 佐藤愛子の世界』(週刊文春編集部・編)を配信いたします。電子書籍オリジナルのコンテンツとなります。


最新痛快エッセイ集『九十歳。何がめでたい』(小学館刊)が、78万部を突破する大ヒット! 「いちいちうるせえ」と憤る姿が共感を呼んでいる作家・佐藤愛子さん。いま最も”怒ってほしい”93歳となった愛子さんの波瀾に満ちた人生とは?

初めて明かす「作家人生最高の一作」から、語りおろしの半生記、名作ブックガイドまで、佐藤愛子の世界を堪能する1冊となります。是非、ご注目ください。


※本書は週刊文春2017年4月6日春の特大号に掲載された特集『本が売れて、何がめでたい』を再構成し電子書籍化したものです。


【目次】

93歳の”やさしいトランプ”佐藤愛子 語りおろし半生記

「ヘンな人たちとの出逢いが、私に小説を書かせてくれた――」

佐藤愛子さん自身が半生を語ったロングインタビュー。初めて言及した「作家人生最高の一作」とは?


私だけが知っている愛子さん

抱腹絶倒! 交流の深い著名人が明かす、愛子さんの秘話の数々!

・ピーコ「愛子ちゃんの霊体験」

・勝目梓「幻の競走馬『イカリアイコー』」

・有馬稲子「先生はいまも活火山」


作家・佐藤愛子 93年の歩み

1923年の出生から大ブームの現在まで、愛子さんの半生を網羅した特別年表。


名言で読むブックガイド 佐藤愛子の流儀 大矢博子

「ああ、ソクラテスの妻のみありて、肝心のソクラテスなきをいかにせん。」

書評家・大矢博子さんが佐藤愛子67年の作家キャリアを総ざらい。あなたにぴったりの一冊がきっと見つかる、とっておきブックガイド。


読書会ルポ 10代vs.80代

作品に初めて接する10代の学生から、疎開中に佐藤紅緑を愛読したというベテラン80代まで、幅広い世代の本好き4名による、『九十歳。何がめでたい』と『晩鐘』、近著2作の読みくらべ。


■書誌情報■

書名:本が売れて、何がめでたい 佐藤愛子の世界

著者:週刊文春編集部・編

販売価格:200円(税込、電子版の価格は電子書店によって異なる場合があります)

詳細URL:http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1692039300000000000L

配信日:4月21日


■電子書籍好評既刊■

書名:それでもこの世は悪くなかった

著者:佐藤愛子

販売価格:800円(税込、電子版の価格は電子書店によって異なる場合があります)

詳細URL:http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1666111600000000000Q



カテゴリ:
商品
ジャンル:
書籍・雑誌
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「127105」を
担当にお伝えください。