花粉の季節、マスク女子の80.6%が自分の肌に自信ナシ マス...|

花粉の季節、マスク女子の80.6%が自分の肌に自信ナシ  マスク着用による肌のトラブルに関する調査を実施

~花粉予防に「マスクをする」一方で、  マスクによる肌トラブルを抱えている結果に~

2017.04.21 17:30

美容家電のパイオニア、ヤーマン株式会社(代表取締役社長:山崎 貴三代、所在地:東京都江東区)では、スギ花粉が飛散し悩みの多い春シーズンに、20~39歳の花粉に悩む女性916人を対象に、花粉対策のためのマスク着用による肌のトラブルについて、アンケート調査を行いました。

肌荒れに悩むマスク女子
肌荒れに悩むマスク女子

【調査結果URL】
http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3e5ugfnk&ai=bwpr_170417_000001


【トピックス】
1.花粉に悩む女性の73.2%が対策のためにマスクを着用
2.花粉対策のためにマスクをしている女性の80.6%が自分の肌に自信ナシ!
3.マスク着用による肌トラブル1位は「顔のかゆみ」
4.花粉による悩み改善のため「マスクをする」が、マスクによる肌トラブルの不安も


【調査概要】
調査タイトル:花粉に関するアンケート
調査方法  :インターネットリサーチ
調査期間  :2017年3月17日~3月21日
調査対象  :花粉に悩む20~39歳女性 916人


1.花粉に悩む女性の73.2%が対策のためにマスクを着用
https://www.atpress.ne.jp/releases/127074/img_127074_2.jpg

厚手のコートから解放されて、心がウキウキする春。一方で、花粉で悩みを抱えている人も少なくありません。そんな花粉に悩む20代~30代女性916人のうち、マスクを「頻繁に着用」する割合は51.7%と半数以上を占めました。「時々、着用」(21.5%)と合わせると7割を超える女性が花粉シーズンにマスクを着用していることがわかります。花粉シーズンに、マスクは必須アイテムと言えそうです。


2.花粉対策のためにマスクをしている女性の80.6%が自分の肌に自信ナシ!
https://www.atpress.ne.jp/releases/127074/img_127074_3.jpg

さらに、花粉対策のためマスクを「頻繁に着用」、「時々、着用」している女性500人に、今の自分の肌に自信があるかどうか聞いたところ、自分の肌に自信がある人の割合は19.4%と、2割未満にとどまりました。これに対し、自信がない人の割合は80.6%にのぼり、花粉対策のためにマスクをしているマスク女子の大多数が何らかの肌トラブルを抱えていることがわかりました。

肌トラブルにはいろいろな原因がありますが、マスク女子にとって、マスクは肌に負担をかける大きな要因かもしれません。そこで、次はマスクが原因だと思われる肌トラブルについて聞いてみました。


3.マスク着用による肌トラブル1位は「顔のかゆみ」
https://www.atpress.ne.jp/releases/127074/img_127074_4.jpg

花粉対策のためにマスクを着用している女性500人に、マスク着用が原因だと思われる肌トラブルについて聞いたところ、1位は「かゆみ」(24.8%)という結果となりました。2位以下は「ニキビ・吹き出物」(20.6%)、「ほてり」(16.6%)、「かさつき」「赤み」(ともに14.6%)と続きます。


4.花粉による悩み改善のため「マスクをする」が、マスクによる肌トラブルの不安も
https://www.atpress.ne.jp/releases/127074/img_127074_5.jpg

花粉対策のためにマスクをしている500人のうち、花粉による悩みやマスクによる肌トラブルを持つ女性たちに、花粉による悩みの改善のために行っていることを聞いたところ、1位は「マスクをする」で52.5%と、他項目を大きく上回っています。以下、「手洗いをきちんとする」(40.4%)、「洗顔をしっかり行う」(37.4%)が上位を占めました。一方、マスク着用による肌トラブルの予防や改善のために行われていること1位は、「マスクを長時間つけない」(42.1%)でした。次いで、「マスクを適切な頻度で交換する」(34.7%)、「マスクの下にメイクはしない」(31.6%)、「洗顔をしっかり行う」(31.3%)と続きます。花粉に悩む女性は、花粉を防ぐためにマスクを着用する一方で、マスクによる肌トラブルにも悩まされる状態に陥っていることがわかりました。


【美容アドバイザー/スキンケアアドバイザー 岩瀬 玲さんからのコメント】
■マスクに付着する雑菌、肌の摩擦に要注意
 肌にやさしく&しっかりと花粉や汚れを取り除くことがポイント
花粉が気になる季節は特にマスクを着用する機会が増えます。それ以外にも最近は1年中マスクをする人も見かけますよね。マスクをする際に気をつける点は、常に清潔なマスクを使用すること、摩擦に気をつけることの2点です。肌に密着するマスクが不潔だったり、雑菌がたくさん付いたりすれば肌トラブルの原因になることもあります。また、長時間マスクをしていると、知らず知らずのうちにお肌に摩擦を与えていることも。花粉の時期は、花粉や汚れをきちんと取り除くことも大切です。ただし、しっかり落としたいからといってゴシゴシこするのはNG。肌に負担がかからないように、やさしく、しっかり汚れを取り除くことを意識しましょう。面倒になりがちなクレンジングですが、お肌を健やかに保つには欠かせないポイントです。


【花粉に悩む女性におすすめ!トラブル肌にもやさしく&微粒子汚れまで
 しっかりオフする洗顔器「サークルピーリングプロ」】
今回の調査結果から、花粉に悩む20代~30代の女性の多くは、花粉を防ぐためにマスクを着用することで、マスクによる肌トラブルにも悩まされていることがわかりました。ヤーマンの「サークルピーリングプロ」は、毎秒約90,000回の超音波振動で肌に付着した微粒子汚れを浮かせてオフ、毛穴に詰まった汚れまで取り除きます。肌への負担を軽減するカップ型ヘッドでやさしくスキンケアできるので、肌トラブルに悩まされることが多い花粉シーズンのケアにもおすすめです。


【記事引用について】
記事を引用される場合は、出典がヤーマン株式会社であることを明示して、該当リンク( https://www.ya-man.com/products/circle-peeling-pro/lp/ )を同時に掲載するようお願いいたします。


【製品概要】
■サークルピーリングプロの特長
http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3e5ugfnk&ai=bwpr_170421_000002

独自のカップ型ヘッドで肌への負担を軽減しながら汚れをすくい取るピーリング美顔器です。毎秒約90,000回の超音波タッピングとイオンによるケアで、毛穴のざらつきオフからうるおい&引き締めケアまで。PM2.5(*1)などの微粒子汚れにも対応。生活防水対応(*2)で、お風呂の中でもご使用いただけます。

*1......2.5μm以下の微粒子状物質の総称です。また、有害物質のすべてを除去できるものではありません。
*2......IPX4相当。


【製品情報】
商品名 :サークルピーリングプロ
販売価格:18,000円(税抜)
定格  :DC5.0V 0.8A
消費電力:約3W(充電時)
充電時間:約2-3時間
     ※使用環境によって、充電時間は前後します。
外形寸法:約W43×D40×H169(mm)
製品質量:本体 150g
材質  :本体 ABS樹脂/ポリカーボネート/ステンレス
製造国 :日本
付属品 :ACアダプター 1個


【ヤーマン株式会社について】
ヤーマン株式会社は1978年に設立された、美容家電・コスメのメーカーです。
ヤーマンの基本理念は「お客さまの美と健康に対する向上心を充足するために、先端技術に裏づけられた“志”ある商品を提供する」こと。幅広い世代で拡がりゆく美容健康意識に応えて、独自性の高い魅力的な商品を提供していくことで、美容健康関連業界のディファクトスタンダードを確立させてまいります。

商号  : ヤーマン株式会社
代表者 : 代表取締役社長 山崎 貴三代
所在地 : 〒135-0016 東京都江東区東陽2-4-2 新宮ビル
設立  : 1978年(昭和53年)5月27日
資本金 : 18億13百万円
事業内容: 美容健康機器の研究開発・製造・輸出入販売
      化粧品の輸入販売
      生活雑貨の販売
      先端電子機器(半導体検査装置等)の輸入販売
URL   : https://www.ya-man.com/corporate/

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「127074」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事