世界初!特殊表面加工で樹脂をしっかり固定、造形物をきれいに外...|

世界初!特殊表面加工で 樹脂をしっかり固定、造形物をきれいに外せる  3M(TM) 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB  2.3倍の大判サイズと10枚入りパック 新発売

スリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:デニース・ラザフォード)は、このほど、ABS樹脂、PLA樹脂を使った3Dプリンターの造形印刷時に樹脂をしっかり固定し、印刷後は簡単にはずすことができるシート、「3M(TM) 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」の面積が2.3倍の大判サイズ(330mm×270mm)および10枚入りタイプを発売しました。

3M(TM) 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB
3M(TM) 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB

「3M(TM) 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」は市場で多く使用されている、熱で溶かした樹脂を使って造形を行う「材料押出堆積法(FDM)」の3Dプリンター向けのシートです。樹脂を押し出して印刷を行うプラットフォームに本製品を貼り付けることで、ABS樹脂、PLA樹脂の印刷の造形の精度を大きく向上させることができます。

2016年10月に発売した3枚入りのタイプはオンラインショッピングサイトでも大変好評で、作業性の向上に大きく貢献したというコメントも多く寄せられました。一方で、製品の良さを体感した利用者から、より大きな造形を作れるように大きなサイズのシートと入り数の多いタイプを熱望する声が相次ぎ、今回、面積が2.3倍の大きさの大判のサイズと10枚入りのパックを発売することとなりました。

本製品は耐熱性のある特殊ポリエステルフィルムを採用、その表面にナノレベルの微細な凹凸構造をもつ世界初の特殊な表面加工を施しました。これにより印刷時にがっちりと樹脂を固定し、冷却時に収縮しやすく造形がむずかしかったABS樹脂であっても変形を起こしにくく、成形物の反りを軽減します。また印刷後は成形物を簡単に取り外すことができ、取り外した底面も鏡面仕上げの美しい状態となります。本製品には耐熱性のある粘着シートを採用しており、プラットフォームを加温して使う場合にも適しています。

製品の特長をまとめた動画: https://youtu.be/fkjDJs07LVU


【製品仕様】
製品名:3M(TM) 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB 大判サイズ
サイズ:330mm×270mm
入数 :3枚
価格 :オープン

製品名:3M(TM) 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB 10枚パック
サイズ:210mm×180mm
入数 :10枚
価格 :オープン

※本製品はオンラインショッピングサイトをはじめ、3Dプリンターに関する商材を取り扱う電材商社を通じて販売します。


【3Mについて】
3M(本社:米国ミネソタ州)は、Science(サイエンス)を活かし毎日の暮らしをより豊かにすることを目指しています。売上高は300億ドルで、9万人の社員が世界中のお客様の課題解決にむけて、創造的なソリューションを提供しています。3Mに関する詳しい情報は http://www.3M.com / @3M / @3MNewsroom (Twitter)をご覧ください。また、3Mジャパングループについては( http://www.mmm.co.jp )をご覧ください。


※3Mは3M社の商標です。


(c) 3M 2017. All Rights Reserved


■3M(TM) 3Dプリンタープラットフォームシート 3099ABに関するお問い合わせ
カスタマーコールセンター
TEL:0570-011-007

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「125996」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ