鳥肌総立ち!世界の気持ち悪い生き物を集めた『キモい展(R)』...|

鳥肌総立ち!世界の気持ち悪い生き物を集めた 『キモい展(R)』in東京スカイツリータウン 6月8日~開催決定!

~ ゴキブリ、ムカデ、ヘビ、タランチュラ…世界3大奇蟲もやってくる! ~

2017.04.10 12:30

キモい展実行委員会は、山口県周南市にある「周南市徳山動物園」制作協力のもと、2017年6月8日(木)~7月9日(日)の期間中、世の中の気持ち悪い生き物を集めた展覧会『キモい展』を東京都墨田区の「東京ソラマチ(R) スペース634」にて開催いたします。
「何でそんな色なの?」「何でそんな形なの?」「何でそんな動きをするの?」など、疑問ばかりが浮かんでくるような形態の生き物を約30種類以上集めました。ファミリーはもちろん、お子様の自由研究やカップルでのデートでも楽しむことができる展覧会です。

『キモい展』
『キモい展』

『キモい展』公式ホームページ: http://kimoiten.jp/

イメージキャラクターには、テレビで活躍中のお笑い芸人、アンガールズ田中さんが決定、2017年6月8日(木)には実際に来場いたします。
他にも、開催日限定で実施されるキモアニ(※)「ふれあいコーナー」内にて様々な「ふしぎな生き物」が一堂に展示されるほか、オリジナルグッズ販売も予定しております。

※ きもち悪いアニマル(生き物)の略


■開催背景
本展覧制作協力の「周南市徳山動物園」は、2013年、2014年夏、気持ち悪い生物ばかりを世界中から集めた『ぞくぞく!ふしぎ動物キモだめし』を開催。さらに、2015年はゴキブリにスポットを当てた『ゴキブリ展』を開催し、来場者数はおよそ3万人!

今、見た目が気持ち悪いがために嫌われている生き物たちが、人気者として脚光を浴びています。


■周南市徳山動物園制作協力の『キモい展』について
<ぞくぞく這い出す!気持ち悪いアニマル“キモアニ”大集合>
「何でそんな色なの?」「何でそんな形なの?」「何でそんな動きをするの?」と、疑問しか浮かばない形態の生き物を約30種類以上集めました。ウデムシやオオムカデ、サソリ、マルメタピオカガエル、ゴキブリ、ミルワームなど、気持ち悪いアニマル・通称“キモアニ”を各ゾーンに分け、陸キモアニ、蟲のキモアニ、水キモアニと様々な「怖い」「キモい」をご紹介します。会場では、気持ち悪い生き物にタッチできる「ふれあいコーナー」を週2回月曜日と水曜日に実施予定。


■勇気の印「ふれあいコーナー」!
前回の展覧会でもご好評いただいた「ふれあいコーナー」を週2回月曜日と水曜日に実施予定です。ボールニシキヘビなどが登場予定。今回触れ合える生き物については、当日のお楽しみです。


■会場限定のオリジナルグッズを販売!
本展示会では、『キモい展』のメインビジュアルとなっているイメージデザインを使用した「キモい展マグカップ」「キモい展缶バッジ」「キモい展マシュマロ」その他グッズが登場します!

キモい展 マシュマロ
https://www.atpress.ne.jp/releases/125384/img_125384_4.jpg
キモい展マグカップ
https://www.atpress.ne.jp/releases/125384/img_125384_5.jpg


■展示内容について(一部)
<陸のキモアニ>
・斑模様が美しい「ボールニシキヘビ」
体色は黒や濃褐色で、褐色の斑紋が重量感を漂わせる「ボールパイソン」とも呼ばれる品種です。成体は約1m程になり、体重は3kgに達する個体もいます。アフリカ西部~中央アフリカにかけて分布。性格は大人しいものが多く、ビックリすると頭を中に入れてとぐろを巻くことからボールという名前がついています。
https://www.atpress.ne.jp/releases/125384/img_125384_7.jpg

<蟲のキモアニ>
・奇妙な見た目をした虫「ウデムシ」
クモとサソリとタガメを合体させた後に、踏み潰しちゃったような扁平で手足の長い節足動物です。体長5mm~4cm程度。世界3大奇蟲の一つとされ、日本には生息していません。
https://www.atpress.ne.jp/releases/125384/img_125384_2.jpg

・黒光りする怪しいボディ「ダイオウサソリ」
世界最大級のサソリといわれています。体長20cm~30cm程度、アフリカ大陸中西部に生息し、性格は温厚な個体が多いです。ダイオウの名にふさわしい大きくて強力なハサミと立派な毒針をもっていますが、毒性は低いです。
https://www.atpress.ne.jp/releases/125384/img_125384_6.jpg

・蜘蛛の王様「メキシカンレッドニータランチュラ」
タランチュラの代名詞的な品種です。体長8cm~20cm程度。脚の間接部分が朱色の毛で覆われ、朱と黒のバンド模様をしています。普段は温厚な性格ですが、危険を感じると後脚で腹部をこすって毒毛を飛ばします。
https://www.atpress.ne.jp/releases/125384/img_125384_9.jpg

・超音波を出して動き回る「エジプトルーセットオオコウモリ」
アフリカ東北部からアラビア半島にかけて分布する小型のオオコウモリ。日中は洞窟や木の洞を隠れ家として夜間に活動し、果物や花の蜜などを食べる。超音波による反響定位(エコロケーション)を使用して暗闇でも飛行できる。
https://www.atpress.ne.jp/releases/125384/img_125384_3.jpg

<水のキモアニ>
・愛嬌のある顔が癖になる「マルメタピオカガエル」
体長11~12cmの扁平な体をもつカエルです。体色は緑色がかった灰色で、オレンジ色の斑点と白っぽい腹部をもちます。体の大きさの割には非常に手足が短いのが特長。まん丸な目玉やかわいらしい見た目からペットとしても人気があります。
https://www.atpress.ne.jp/releases/125384/img_125384_8.jpg

※ 生き物は変更になる場合があります。


■周南市徳山動物園について
本展覧会の制作協力をつとめる「周南市徳山動物園」は、気持ち悪い生物を世界中から集めた『ぞくぞく!ふしぎ動物キモだめし』を2013年・2014年夏に開催。さらに、2015年はゴキブリにスポットを当てた『ゴキブリ展』を開催し、3万人を超える来場者の鳥肌を立たせました。本展覧会では、数々の実績をもつ「周南市徳山動物園」に制作協力を受け、選りすぐりの気持ち悪い生き物を連れて準備を整えてまいります。
URL: http://www.tokuyamazoo.jp/


【イベント概要】
名称    : キモい展
会期    : 2017年6月8日(木)~7月9日(日)
時間    : 10:00~20:00 ※入場は閉場30分前まで
会場    : 東京ソラマチ(R) スペース634
        〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2
アクセス  : 押上駅直結
        http://www.tokyo-solamachi.jp/access/
入場料   : 前売 700円(当日 800円)
チケット  : チケットぴあ・サークルK・サンクス・セブン-イレブン
       (Pコード 990-981)
       [前売券特典]
       キモい展オリジナルクリアファイルを
       先着限定5,000名様にプレゼント
       [注意事項]
       開催期間中、会場にてプレゼントします。
       会場以外では、お渡しできませんのでご了承下さい。
主催    : キモい展実行委員会
イベントURL: http://kimoiten.jp/


【お客様からのお問い合わせ先】
キモい展事務局
TEL:0120-054-283(平日10:00~17:00)
※会期中(10:00~20:00)

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「125384」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事