蛍光灯器具の生産終了について ~LED照明など高効率照明への...|

蛍光灯器具の生産終了について  ~LED照明など高効率照明への置き換えを推進~

 NECライティング(社長:紙屋 司、本社:東京都港区)は、世界的に喫緊の課題となっている地球温暖化防止を目的とし、LED照明など高効率照明への置き換えの促進を図るべく、2018年3月をもって蛍光灯器具の生産を終了いたします。

LED照明製品群
LED照明製品群

【背景及び経緯】
 政府は2016年5月13日に閣議決定された地球温暖化対策計画にて「2030年度に2013年度比で26%の温室効果ガス(CO2)削減」を目標に掲げています。そのためには、今まで以上に徹底した省エネルギーが必要です。その中でも重要となるのは建物のエネルギー消費量のうち24%以上※1を占める照明のエネルギー削減です。

 2014年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画では、省エネルギーの強化として「高効率照明(LED照明、有機EL照明など)については、2020年までにフローで100%、2030年までにストックで100%の普及を目指す。」と設定され、また一般社団法人日本照明工業会は、照明成長戦略2020の中で「2020年にフローの100%、ストックの50%をSSL器具(LED、有機ELなど半導体照明器具)に置き換える」という目標を掲げています。
 当社は、この政府目標、工業会目標の達成に寄与するだけでなく、お客様に対し高品位の照明を提供する責務があることから、今般、2018年3月をもって蛍光灯器具の生産を終了することといたしました。当社は今後も一体型ベース照明、高天井用照明、シーリングライトをはじめとする高効率LED照明「LIFELED'S(R)」(ライフレッズ)を継続的に拡充し、高効率なLED照明の普及に鋭意取り組んで参ります。

(注)殺菌灯などの特殊用途蛍光灯器具、及び蛍光ランプは引き続き生産いたします。
※1:資源エネルギー庁推計


■ご参考
「エネルギー基本計画」(資源エネルギー庁)
http://www.enecho.meti.go.jp/category/others/basic_plan/
「照明成長戦略2020」(日本照明工業会)
http://www.jlma.or.jp/about/vision/index.htm


 NECは、社会ソリューション事業を推進するブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
 詳細はこちらをご覧ください。
http://jpn.nec.com/profile/vision/message.html

                                 以上


<本件に関する一般のお客様からのお問い合わせ先>
NECライティング お客さま相談室
電話:(0120)52-3205

カテゴリ
企業動向
ジャンル
自然・エコロジー | ビジネス全般 | 経済

プレスリリースロゴ画像

プレスリリース添付資料

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「111373」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ