『味の民芸』既存店昨年対比売上28ヶ月連続100%超え

~サガミグループ化により業績改善基調で推移~

この度、和食麺処サガミを展開する株式会社サガミチェーン(本社:名古屋市守山区森孝1-1709 代表取締役社長 鎌田 敏行)は、2014年1月にグループ化した『味の民芸』業態が、2017年3月期 第1四半期終了時において28ヶ月連続での売上改善となりましたことを発表いたします。
当社は、味の民芸フードサービス株式会社(本社:東京都立川市錦町3-6-6 代表取締役社長大西 尚真)をグループ化後、意識改革、制度改革、組織改革などを行ってまいりました。和麺を中心メニューとする郊外型ファミリーレストランとして、和食麺処サガミと味の民芸には共通項も多く、人事交流、商品開発、購買などにおける統合効果も、業績改善に大きく寄与いたしました。
今後とも多くのお客様から、一層のご支持がいただけるよう邁進してまいります。

味の民芸 外観
味の民芸 外観

【味の民芸について】
関東地方を中心に、西は岡山まで全国55店舗を展開する、手延べうどんと和食のファミリーレストランです。1964年創業の歴史を持ちますが、近年、2002年を境に、売上の低迷が続いておりました。
2014年1月に当社が100%子会社化し、経営陣の人事異動、商物流の統合、メニューの刷新等を行いながら改善を進めてまいりました。
倉敷をイメージした白壁調の建物と、和モダンをイメージしたおもてなし空間において、手延べうどんや信州そば、各種和食メニューを提供しております。手延べうどんを提供するレストランとしては、日本一の店舗数を展開するチェーン店です。
URL:http://www.ajino-mingei.co.jp/

【味の民芸の昨年対比売上実績について】
2014年3月期より、28ヶ月連続で100%を超えており、現在も記録は継続中となっております。

【手延べうどんについて】
包丁を使わずに、10時間以上かけ、延ばし続けて作る手延べ麺です。弾力があり、モチモチつるつるの食感が絶品です。
讃岐の手打ちうどんは、麺が太めで力強いコシがあることが特長であり、この両者を比較して、讃岐(手打ち)の男うどん、備中(手延べ)の女うどんという言葉も生まれております。

【サガミグループに関して】
グループビジョンに「No.1 Noodle Restaurant Company」を掲げ、和食麺処サガミ、味の民芸、どんどん庵などの和麺レストラン業態を中心に、国内に259店舗、海外に8店舗を展開しております。
公式Facebookアカウント
https://www.facebook.com/sagamichain
公式ホームページ
URL:http://www.sagami.co.jp/

カテゴリ:
業績報告
ジャンル:
フード・飲食 ビジネス全般

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報