顧客ニーズに応え金融サービスを提案するプライベートバンカー資...

顧客ニーズに応え金融サービスを提案する プライベートバンカー資格試験に 初の試験対策問題集が登場!6月30日発売

プライベートバンカー(PB)資格試験(公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定)のメインテキストを販売するときわ総合サービス株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:山下 朗裕)は、メインテキスト『プライベートバンキング』、『あなたもなれる!PBコーディネーター』の全面改訂に合わせて、初のPB試験用問題集である『プライベートバンキング資格試験対策問題集』を2016年6月30日(木)に同時発売しました。

特設サイトURL: http://www.tokiwa-ss.co.jp/pb/17.html

2013年6月にスタートしたPB資格試験は、金融業界からの注目の高まりとともに年々受験者が増加傾向にありますが、これまで試験用問題集は発行されていませんでした。
そこでこのたび、ときわ総合サービス株式会社が受験者支援の取組みとして作成した“初の”実践的問題集を利用することにより、試験のレベル感や学習方法が鮮明になり受験しやすくなるうえに、合格率がアップするものと思われます。

本問題集は、メインテキストの構成に合わせて作られているため、各章の単元に沿った学習が可能です。また、過去の試験問題の傾向を分析した各章平均40問の予想問題と各問に対する詳細な解説が、見開き1ページに纏められています。

なお、ときわ総合サービス株式会社の販売サイトでは、2016年6月30日(木)から8月31日(水)の期間限定でお得なフェアも開催しています。

商品紹介サイトURL: http://www.tokiwa-ss.co.jp/bookstore/pb.html


【プライベートバンカー資格とは】
プライベートバンカー(PB)は、富裕層やマス富裕層を対象に、ファミリーの資産保全・事業承継・相続を支援するために、包括的な金融サービスを提案、実行支援するプロフェッショナルです。

わが国においては、高齢化・長寿化が進む中で、従来の企業オーナー、医師、地主などの富裕層に加えて、マス富裕層と呼ばれる概ね5千万円以上の金融資産を保有する方々を含めた富裕層マーケットが急拡大しています。
多くの金融業界では富裕層ビジネスの強化に乗り出しており、営業スタイルも自社取扱いの金融商品の売り込みから、真にお客様のニーズに応えるコンサルティング営業へと転換しつつあります。

顧客の多様なニーズに合った総合的な金融サービスを提案できる能力をお客様に証明することが大きな課題となっており、プライベートバンカーへのニーズが急速に高まっています。(引用:日本証券アナリスト協会「スタディ・ガイド」<ダイジェスト版>)

詳細は日本証券アナリスト協会のホームページをご確認ください。

日本証券アナリスト協会URL: http://www.saa.or.jp/pb


【ときわ総合サービス株式会社について】
1950年(昭和25年)、金融界や財界の支援を得て、手形振出し企業の信用度を中立・公正な立場から調査判定する企業(日本信用調査株式会社<当時>)として設立。
その後、信用調査事業が縮小する中で、各種書籍の出版、保険代理業務、お金に関する物品の販売等、業務を多様化。
特に出版物については、PB資格試験メインテキストの他にも、年間発行部数60万部を誇る『明るい暮らしの家計簿』や金融広報中央委員会「知るぽると」(日本銀行情報サービス局内)発行の『金融商品なんでも百科』、『暮らしと金融なんでもデータ』など、家計に密着した書籍を販売している。

社名  : ときわ総合サービス株式会社
代表  : 代表取締役社長 山下 朗裕
所在地 : 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-1-5 共同ビル
設立  : 1950年6月21日
事業内容: 1.出版業
      2.保険関連、損害保険代理業、生命保険の募集に関する業務
      3.物品販売業
      4.一般労働者派遣事業・有料職業紹介事業
      5.不動産仲介・賃貸業
URL   : http://www.tokiwa-ss.co.jp/

プレスリリース添付資料

カテゴリ:
商品
ジャンル:
書籍・雑誌 金融 ビジネス全般
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「106690」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報