妻のニオイストレスが夫婦仲にも影響、カギは清潔感 7割の妻が...

妻のニオイストレスが夫婦仲にも影響、カギは清潔感  7割の妻が夫のニオイが気になり、うち6割はストレスに  既婚女性を対象に「夫のニオイ」に関する調査を実施

株式会社ナリス化粧品(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:村岡 弘義)は、女性が悩む男性のニオイ問題を解決する男性用ボディ・ヘアケアシリーズ「AURUS(アウラス)」の発売にあたり、既婚で子供がいる20代~50代の女性に対して、夫のニオイに関する調査を実施しました。

夫の印象の理想と現実のギャップ
夫の印象の理想と現実のギャップ

■調査トピックス
(1) 妻が夫について、世間から見られたい印象の第1位は「清潔感がある」(82%)。しかしながら、実際の夫に清潔感があると判断している妻は少なく(35%)と理想現実に大きなギャップが存在。
(2) 約7割の妻が、夫のなんらかのニオイが気になっている。
(3) 約5割の妻は、夫に「ニオイがある」ことを指摘しにくい。(※)
(4) 約5割の夫は、自身にニオイがあるにもかかわらず、ニオイを気にしていない。(※)
(5) 夫のデオドラント機能のあるボディソープやシャンプーの使用率は1割。(※)
(6) 約6割の妻が夫のニオイにストレスを感じている。(※)
(7) 夫を好きか嫌いかは、ニオイにストレスを感じているか、感じていないかで、20%の差がある。
ストレスを感じていない人:好き(66%)/嫌い(5%)
ストレスを感じている人 :好き(46%)/嫌い(25%)(※)

(※) (3)~(7)は、夫のニオイが気になると回答した女性が対象


■調査概要
<一次調査>
調査実施日:2016年5月26日~27日
調査対象者:20代~50代の既婚、子有の女性2,059人
調査方法 :インターネットによるアンケート調査

<二次調査>
調査実施日:2016年5月27日~28日
調査対象者:一次調査で夫のニオイを気になると回答した人から抽出226人
調査方法 :インターネットによるアンケート調査


■調査結果
(1) 自身の夫がこう思われたいという印象のトップは「清潔感がある」で82%の人が思われたいと回答。しかしながら、実際の夫に「清潔感がある」と答えた妻は35%のみとなり、「清潔感」に関して夫に求める理想と現実にギャップが大きいことが分りました。年齢別でみると、50代が「気にならない」と回答した方が最も多く(35%)、他の年代(20代:26%、30代:30%、40代:29%)と比べ「ニオイ」に関して寛容な傾向がある事が分りました。

(2) 「夫のニオイが気になりますか」と質問したところ、「気にならない」と回答した妻は、3割。その他の7割は、何らかのニオイが気になると回答。具体的に気になるニオイの1位「体臭(41%)」、2位「服や靴下、寝具等のニオイ(38%)」、3位「口臭(33%)」、4位「整髪料や香水等のニオイ(7%)」となりました。(複数回答可のため、単一回答者が複数の気になるニオイを選択している場合もあります。)

(3) 「夫の体臭、口臭、服や靴下、寝具等のニオイが気になる」と回答した方にのみ二次調査を実施し、「夫のニオイについて本人に指摘できますか」と質問したところ、「できる」と回答した妻は、53%、「やんわりできる」「できない」と回答した妻は47%となり、約5割が指摘をしづらいと考えていることが分りました。

(4) 夫の自身のニオイに対する意識を確認したところ、自身のニオイについて「知っているが、気にしていない(34%)」、「知らないし、気にもしていない(13%)」と回答、47%の夫が自身のニオイを気にしていないことが分りました。

(5) デオドラント機能のあるアイテムを使用している夫は約4割(41%)。そのうちのトップは、制汗剤(26%)。妻が夫のニオイで体臭を1位に挙げている(調査結果(2)参照)にも関わらず、デオドラント機能のあるシャンプーやボディソープを使用している夫は、少数派で約1割しかいないことが分りました。

(6) 夫のニオイが気になる妻のうち「耐えられず、とてもストレスを感じている(19%)」、「耐えられるが、ストレスを感じる(43%)」と62%が夫のニオイにストレスを感じていることが分りました。年齢別にみると40代が最もストレスを感じ(69%)、20代が最も少ない(52%)結果となりました。

(7) 夫が好きか嫌いかを問う質問では、「好き」もしくは「まあまあ好き」と好意的な回答をした人は全体の約5割にとどまりました。「普通」が約3割で、「嫌い」もしくは「あまり好きではない」という否定的な回答をした人が、2割弱となりました。前問のストレスの有無の回答者を分けて集計したところ、「好き」または「まあまあ好き」と回答した割合は、ストレスのない人は66%であるのに対し、ストレスがある人は46%と、約20%の差がありました。また、「嫌い」「あまり好きではない」と回答した人は、ストレスがない人は5%、ストレスがある人は25%と、こちらも約20%の差がありました。これらの結果から夫のニオイは、夫婦間の関係に少なからず影響がある事が読み取れました。

※(3)~(7)は、一次調査で夫のニオイが気になると回答した女性が対象


■参考資料
気になる夫のニオイをこっそり解決。女性のために開発された男性用シャンプー&ボディソープ、「AURUS(アウラス)」シリーズ(2016年5月21日 新発売)

AURUS(アウラス): http://www.naris.co.jp/aurus

夫に対する女性のニオイストレスに着目し、男性のニオイの原因を洗浄&ブロックする男性用薬用シャンプーと薬用ボディソープを、女性目線で開発しました。訪問販売及び全国のナリス化粧品店舗「ナリス ビューティスタジオ DeI’m(デ・アイム)」19店舗(2016年5月現在)にて好評販売中。

(左) アウラス 薬用 リフレッシュ シャンプー(医薬部外品)
450mL 1,500円(税抜) カエ 350mL 1,000円(税抜)

(右)アウラス 薬用 リフレッシュ ボディソープ(医薬部外品)
450mL 1,500円(税抜) カエ 350mL 1,000円(税抜)

https://www.atpress.ne.jp/releases/104517/img_104517_8.jpg

ブランド名の由来:AURUS=そよ風(AURA)+清潔感(CLARUS)。
旦那様の清潔感、爽やかさを願う世の女性の気持ちをイメージして名づけました。

<中身処方>
(1) 殺菌有効成分(*1)を配合し、ニオイ物質の発生源となる雑菌の増殖を抑え、体臭・汗臭を予防。
(*1)イソプロピルメチルフェノール(ボディソープ)、サリチル酸(シャンプー)
(2) L-ヒスチジン(*2)、明日葉エキス(*2)、緑茶エキス(*2)を配合で髪や肌に潤いを与えます。
(*2)保湿成分
(3) 爽やかなウッディシトラスの香りとメントール入りで清潔感を演出。

<パッケージ>
(1) 女性からの好感度を意識した「清潔感」「きちんと感」を想起させる青と白を基調としたパッケージデザインに。
(2) パッケージにあえて“ニオイ”について触れない等、女性が男性に渡しやすいように配慮。

<機能>
(1) 面倒臭がりの男性が使いやすいように、シャンプーには、リンス不要でも髪がきしまないようコンディショナー成分を配合。女性の代理購買を想定し、少しでも金額的負担を減らせるようにしました。
(2) 吸着型ヒアルロン酸配合のボディソープで潤いをキープ。触ってもすべすべの肌に。


■会社概要
社名 : 株式会社ナリス化粧品
所在地: 本社 大阪市福島区海老江1丁目11番17号
資本金: 16億円
代表者: 代表取締役社長 村岡 弘義
社員数: 673名(2016年3月期・連結)
売上高: 219億円(2016年3月期・連結)
URL  : http://www.naris.co.jp/

<グループ事業内容>
各種化粧品の製造・販売
(訪問販売事業・海外事業・OEM事業・通信販売事業・店頭販売事業・店舗販売事業)

【製品に関するお問い合わせ先】
株式会社ナリス化粧品 お客様相談窓口
フリーダイヤル:0120-71-9000(9:00~17:00/土・日・祝日除く)

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「104517」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報