先進的小型サイネージのPISTA2.0シリーズ発売開始

―店頭の消費者行動を見える化する次世代デジタルサイネージ―

流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫)の子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行なっている株式会社impactTV(本社:東京都港区、代表取締役社長:寒河江清人)はPISTA2.0シリーズの発売を開始いたします。

PISTA2.0シリーズラインナップ
PISTA2.0シリーズラインナップ

◆ 従来の販促用小型デジタルサイネージの課題

スマートフォンを情報源とした購買行動が当たり前に行われるようになった昨今では、消費者はより自分の趣味・嗜好、ライフスタイルに合った商品を能動的に検索・比較し、十分な情報を得てから購入の意思決定をするように変化してきています。しかし、店頭販促用小型デジタルサイネージを用いた店頭販促は一方的に音と映像で情報を訴求するものであるため、消費者の趣味嗜好に合わせた販促を打ち出すことは困難でした。

◆ PISTA2.0開発コンセプト:“最終的に店頭販促は「消費者」の為にある”という原点に立ち返った電子POP

日本における消費活動の量は近年ほぼ横ばいとなっておりますが、消費者ニーズの多様化からブランド数は増大しているため、今後も限られたパイの奪い合いは激化することが想定されます。このような市況の中、消費者により認知してもらい、実際に購買率を向上させるために、各メーカー・流通は、消費者の一連の行動(認知~購買)を見える化・分析し、購買プロセスのどのプロセスに効果的な施策が打てるのか多くの細分化した情報を必要としております。
そこでimpactTVでは“最終的に店頭販促は「消費者」の為にある”という原点に立ち返り、単なる商品訴求に留まらない次なる電子POPの提供価値を作り出すため、消費者行動を捕捉・蓄積する電子POP「PISTA2.0」シリーズの発売を開始いたします。

◆ PISTA2.0シリーズと提供価値

「PISTA2.0」シリーズとは、従来の店頭販促機能に加え、商品棚前における消費者滞留前後で流すコンテンツを切替える人感センサー機能を搭載したサイネージを「PISTA ZERO」、消費者の欲しい情報を見たいタイミングで選択させるタッチパネル機能を有するインタラクティブサイネージを「PISTA BASIC」、そして商品目前での消費者行動を捕捉・蓄積することによって、マーケティングに資するフィールド情報を提供するIoT型サイネージを「PISTA ADVANCE」という3つのラインナップで構成されております。
今後impactTVでは、この「PISTA2.0」を軸に販売機会・販促効果の最大化を実現し、2020年までに年商20億円規模での事業拡大を狙います。

◆ impactTVとは

創業31周年を迎える株式会社impactTV(インパクトティービー)は、1996年に店頭販促ツールとして電子POP「impactTV」をリリース。これまで 3,000 社以上に導入しており、販売・レンタルとも業界シェアNo.1を誇るパイオニアです。
極小・軽量の3型から、定番の7型、エンドや催事向けの19型、さらに大型のモニタ取付型のメディアプレイヤーまで、 幅広いラインナップをご提供しており、設計・製造物としての安全性はもちろん、品質的にも故障率が0.2%以下と低く、導入企業様・設置店舗様に安心してご利用いただいております。

◆ 株式会社impactTV 会社概要

社名:株式会社impactTV(株式会社メディアフラッグ 100%子会社)
事業内容:デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供
    (企画、製造、販売、運用支援、マーケティング分析)
設立:1986年7月
資本金:359百万円(2015年12月末現在)
代表者:代表取締役社長 寒河江清人
本社所在地:東京都港区赤坂3丁目11-3 赤坂中川ビルディング2F
従業員数:30名(2016年1月現在)
WebURL:http://www.impacttv.co.jp/

プレスリリース動画

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「103645」を
担当にお伝えください。