弁護士が設計!サービス残業問題に一石を投じるアプリ『残業証拠...

弁護士が設計!サービス残業問題に一石を投じるアプリ 『残業証拠レコーダー』無料配布開始  ~簡単・正確な記録で実際の示談・裁判でも利用可能~

株式会社日本リーガルネットワーク(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:南谷 泰史(弁護士)、以下 JLN)は、「サービス残業問題」の解決・低減を目標とした、Android端末用アプリ『残業証拠レコーダー』(以下 残レコ)の無料配布を開始しました。なお2016年6月上旬を目処に、iOS端末用アプリも無料配布を開始する予定です。

ホーム画面
ホーム画面

詳細URL: http://zanreko.com/


「サービス残業問題」は、残業代未払いがあっても請求できない方(泣き寝入り状態)、さらには未払いの残業代があることに気づいていない方(泣き寝入りにすら至っていない状態)が多数見受けられる問題であり、JLNとしては『残レコ』がこの問題に直面している方々の一助となることを確信しています。さらに、「サービス残業問題」の解決により、企業間の公正な競争環境の実現にも貢献可能であると考えます。

「サービス残業をさせられている。本来の残業代がいくらか知りたい。」
「毎日、長時間労働だけど、会社は残業代は発生しないと言っている。」
「残業代を請求したいけど、タイムカードはないし、証拠がない。」

『残レコ』は、そんな方のために弁護士が作った残業代推計・証拠確保アプリです。なお『残業代概算シミュレーション』は、ウェブサイト( http://zanreko.com )でも使えます。


【アプリ概要】
アプリ名  : 残業証拠レコーダー(残レコ) - 残業代推計・証拠確保アプリ
利用料金  : 無料
対応端末  : Android OS 4.0以上
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.zanreko


【『残レコ』の機能・特徴】
◆弁護士が、労働基準法や実際の示談・裁判の流れをもとに開発しています。
・法律や判例、通達等を組み込んだ画期的な残業代推計システムです。
・残業代請求を扱っている弁護士が、示談や裁判の流れを前提に開発した証拠確保システムです。
※上記の残業代推計システムと証拠確保システムに関して、特許出願中。

◆『残業代概算シミュレーション』で、簡単な質問に答えて、「法律上、残業代を請求できるか」や「残業代は、いくらぐらいか」がわかります。
・約10個の簡単な質問に答えるだけです。
・残業代に関するブラック企業の嘘を見破ることができます。ブラック企業では、残業代を支払う義務があるのに、「法律上、残業代は出ない」と虚偽の説明をしている場合があります。例えば、「○○業だから」「裁量労働だから」「みなし残業代だから」残業代は出ないというのは嘘の場合が多いです。

◆GPSで実際の残業代を自動推計します。さらに労働時間メモ機能でより正確な残業代の推計が可能です。
・スマホのGPSで、会社のオフィス・店舗・工場や取引先にいた時間を計測することで、残業代を自動的に推計します。
・さらに、日々の労働時間をメモする機能を使えば、より正確な残業代の推計が可能です。
・よくある残業代推計アプリと異なり、中小企業の場合の残業時間・残業代の計算方法や法定休日の特定方法など、幅広い労働基準法のルールを反映しています。

◆毎日、同じ定時がある方(通常の労働タイプの方)だけでなく、シフト制、変形労働時間制、フレックスタイム制など様々な労働タイプの方に対応しています。
・他のGPSを使った残業代推計アプリと異なり、シフト制、変形労働時間制、フレックスタイム制などの方も労働時間の記録・残業代推計が可能です。
・休日が特定の曜日に決まっていない方も、利用できます。

◆証拠としての価値にこだわりました。『残レコ』の労働時間の記録は、残業代を請求する際に証拠として使えます。
・『残レコ』のGPSや労働時間メモ機能で計測した労働時間記録は、弊社サーバーで保管され、実際に残業代を請求する際に、証拠として使えます。
・特にGPSの記録は、示談や裁判で、強い証拠になる場合が多いでしょう(証拠としての価値は、具体的な勤務実態等により異なります)。
・会社にタイムカードがない方や、タイムカードがあっても実際の退勤より前に打刻させられている方も、残業代の証拠を確保できます。
・証拠価値へのこだわり(1):他のGPSを使った残業代推計アプリと異なり、労働時間の記録をあえて弊社サーバーに保管することで、客観性を確保しています。
・証拠価値へのこだわり(2):労働時間メモの全履歴や、労働時間メモによる修正前のGPS記録も保管するなど、証拠としての信頼性に配慮しています。
・証拠価値へのこだわり(3):直行直帰が多い方なども、15分ごとに現在地を記録する常時追跡モードで、GPSによる証拠の確保が可能です。
・示談や裁判での利用を想定し、労働時間の記録は、データだけでなく、証明書(書面)形式でも発行しています。
・労働時間の記録の発行にかかる手数料は、無料です。(『残レコ』掲載の弁護士に依頼した場合。それ以外の場合は、証拠保管・発行手数料がかかります。)

◆『残レコ』内から、ワンクリックで弁護士に相談・依頼が可能です。
・弁護士検索ページに、勤務地の近くの残業代請求を扱っている弁護士が表示されます。
・残業代を請求する際は、弁護士検索ページからワンクリックで弁護士に相談可能です。
・『残レコ』の労働時間の記録は、証明書発行ページから、依頼する弁護士に送れます。

◆残業代に関する疑問を解決する「残業代Q&A」を利用できます。
・弁護士が書いた残業代に関するわかりやすいQ&Aです。
・「裁量労働って本当はどういう意味?」「みなし残業代って何?」など、残業代に関する疑問が解決できます。
・実際の残業代請求の流れなどもわかります。

◆『残レコ』の記録は、残業代請求だけでなく、失業保険の請求や、労災の認定にも活用できるでしょう。
・失業保険では、自主的に退職した方でも、一定時間以上の残業をしていた方は、会社都合退職と同じ扱いを受けられます。『残レコ』の記録は、この認定でも活用できるでしょう。
・長時間残業で不幸にも精神的な疾患にかかってしまった場合の労災認定でも、『残レコ』の記録を活用できるでしょう。


【株式会社日本リーガルネットワークに関して】
設立  : 2015年
所在地 : 〒102-0073 東京都千代田区九段北3-2-1 神戸田中ビル6F
代表  : 代表取締役CEO 南谷 泰史(弁護士)
URL   : http://legalnetwork.jp/
事業概要: スマートフォンアプリ『残業代証拠レコーダー』の開発・提供、
      その他法律関連サービスの開発・提供

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「102701」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報