日本の屋根に合わせた住宅用太陽光発電システム「FIT ROO...|

日本の屋根に合わせた住宅用太陽光発電システム 「FIT ROOF」が発売!施工時間最大2分の1短縮を実現  ~施工から見た目までをこだわった新製品~

台湾・太陽電池モジュールメーカー、アブリテック社の日本法人であるアブリテックジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:胡 書豪)は、住宅用太陽光発電システムの新商品として、「FIT ROOF」を2016年5月下旬に発売いたします。
本製品は、日本で一番多いと言われているスレート屋根に最も合うように設計しました。さらに施工性に優れた専用の部材と、それに合わせた新フレームをご用意しております。さまざまな工夫によりFIT ROOFは、短時間で簡単に美しい外観に仕上げられます。

FIT ROOF 145W太陽電池モジュール
FIT ROOF 145W太陽電池モジュール

URL: http://www.ablytek.jp/


◆FIT ROOFの特徴
1. 墨出し(※1)にかかる手間20%カット
https://www.atpress.ne.jp/releases/101999/img_101999_2.jpg
一般的な太陽電池モジュール(※2)と違いスレートピッチに合わせたサイズに設計されているため、感覚的に墨出しが行えます。

2. 架台の重量が従来の約40%
https://www.atpress.ne.jp/releases/101999/img_101999_3.jpg
従来の架台(※3)は1固定点につき14種類の部材が必要でしたが、FIT ROOFは7種類。圧倒的に施工しやすく軽量化、時間の短縮を可能にしました。

3. 施工時間最大2分の1短縮
https://www.atpress.ne.jp/releases/101999/img_101999_4.jpg
金具がスレートの段差にかからないので、段差調整部材は不要。また、太陽電池モジュール同士が重なり合う設計のため、スペーサーもアースプレートも必要ありません。

4. すき間ゼロで美しい外観
https://www.atpress.ne.jp/releases/101999/img_101999_5.jpg
従来の施工方法(※3)では太陽電池モジュール間に数十ミリの隙間が生じますが、FIT ROOFは太陽電池モジュール同士が重なり合うため、すき間はゼロ。屋根と一体感のある美しい外観に仕上がります。


◆FIT ROOFの概要
型式    :6MR48145
セル    :単結晶156×156mm(6インチ)
使用セル枚数:32枚(4×8)
外形寸法  :1,363×765×21mm
希望小売価格:87,000円(税別)
発売日   :2016年5月


◆アブリテックジャパンの太陽電池モジュールについて
台湾の本社工場で設計から組立・製品化まで自社フルラインで生産し、製造工程ですべての太陽電池モジュールに計3回のEL検査(※4)を行うことでマイクロクラックを徹底して排除し、Aランク品の生産に注力、25年の長期リニア発電保証を提供いたします。


◆アブリテックジャパンについて
アブリテックジャパンは太陽電池モジュールメーカーの中でも高い技術力を誇る、台湾・アブリテック社の日本法人として、高品質の太陽電池モジュール、太陽光発電システム周辺機器やスマートハウス事業、輸入建材販売事業を展開しております。

商号  : アブリテックジャパン株式会社
代表者 : 代表取締役 胡 書豪
所在地 : 東京都中央区日本橋人形町3-1-17
設立  : 2011年3月
事業内容: 太陽光発電システム及び周辺機器の企画、開発、販売事業 他
資本金 : 9,500万円
URL   : http://www.ablytek.jp/


(※1)工事中に必要な線や位置などを屋根上に表示する作業
(※2)当社6MNシリーズとの比較
(※3)当社ラックレス架台との比較
(※4)エレクトロルミネッセンスの略。光を受けることにより電気が発生する太陽電池モジュールに対し、電気を流し発光させることにより発電能力のない個所を特定する検査のこと。

プレスリリース添付資料

カテゴリ:
商品
ジャンル:
建設 住宅・不動産 自然・エコロジー
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「101999」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報