絵本作家 長谷川 義史氏 最新作!『おとうさん、ぼくね…』2...

絵本作家 長谷川 義史氏 最新作! 『おとうさん、ぼくね…』2015年11月発売

~MBS「ちちんぷいぷい」番組内「南極文通ものがたり」から生まれた作品~

知育関連書籍の出版を手がける株式会社保育社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:長谷川 素美、株式会社メディカ出版グループ)は、絵本『おとうさん、ぼくね…』を2015年11月に発売します。
本書は、絵本作家 長谷川 義史氏の最新作であり、毎日放送の情報エンターテイメント番組「ちちんぷいぷい」で放送された「地球半周 南極文通ものがたり」コーナーから生まれた作品です。全国の絵本取扱書店ならびにAmazon.co.jpにて販売予定です。
また、12月16日より阪神百貨店梅田本店で開催される絵本原画展「いいから いいから 長谷川 義史の世界展」でも販売予定です。

おとうさん、ぼくね…書影
おとうさん、ぼくね…書影

【絵本『おとうさん、ぼくね…』とは】
毎日放送「ちちんぷいぷい」特別企画「地球半周 南極文通ものがたり」コーナーで、南極へ行ったアナウンサー・山中 真氏と絵手紙を交換していた著者が、文通をかさねた中でインスパイアされ、この春幼稚園を卒園した山中氏の次男・快くんの目線から描いた絵本です。仕事で遠いところに旅に出たおとうさんに語りかける内容となっており、父親の様子を想像しながら、健気に帰りを待つ「ぼく」の描写が心を打つ作品となっています。


【書籍概要】
書籍名:『おとうさん、ぼくね…』
仕様 :A4変型判/32ページ
著者 :長谷川 義史
定価 :本体1,400円+税
ISBN :978-4-586-08550-7

おとうさん、ぼくね…、会えない時間もいつもおとうさんのこと思ってるよ。
そんな子どもの気持ちが伝わってくる、父と息子の感動ストーリー。
出張や単身赴任で子どもと接する時間の少ないおとうさん、ご家族に。


【著者・長谷川 義史について】
1961年、大阪府藤井寺市生まれ。グラフィックデザイナーからイラストレーターとなる。「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」(BL出版)で絵本デビュー。
毎日放送「ちちんぷいぷい」の「とびだせ!えほん」のコーナーでは、なにわの絵本作家としてお茶の間にも大人気。その他、絵本ライブなどを全国各地で開催している。


【絵本原画展「いいから いいから 長谷川 義史の世界展」】
開催日 :2015年12月16日(水)~24日(木)
開催場所:阪神百貨店梅田本店
会場にて本書販売予定!


※本書デザイン等、予告なく変更となる場合があります


【会社概要】
名称  : 株式会社保育社
代表者 : 代表取締役社長 長谷川 素美
所在地 : 〒532-0003 大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル16F
創業  : 1946年
資本金 : 10百万円
事業内容: 書籍(実用書、文庫、新書、文学・歴史・美術など)、
      雑誌、辞典、図鑑、児童書、コミックなどの企画・出版、
      ならびにDVDなどデジタルコンテンツの企画・制作
URL   : http://www.hoikusha.co.jp

カテゴリ:
商品
ジャンル:
書籍・雑誌
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「77389」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報