川越の「芋菓子専門店 菓匠芋乃蔵」がリニューアル 川越のシン...

川越の「芋菓子専門店 菓匠芋乃蔵」がリニューアル  川越のシンボル「時の鐘」を臨む2階席を15席新設

~1ヶ月で約1万9千個を売り上げた「芋菓子」を販売開始~

株式会社三州総本舗(本社:埼玉県春日部市、代表取締役社長:斉之平 伸一)が経営する芋菓子専門店『菓匠芋乃蔵川越本店(かしょういものくら かわごえほんてん)』(川越市)が9月18日(金)にリニューアルオープンいたします。
また、大宮駅・川越駅で先行販売して1万9千個を売り上げたお菓子「おいものバウム」の販売も開始します。

菓匠芋乃蔵川越本店 外観
菓匠芋乃蔵川越本店 外観

店舗URL: http://sanshu.com/guidance/imonokura/


リニューアルした店舗には、2階にイートインスペースを15席設置いたします。2階の席では真正面の川越のシンボル「時の鐘」を眺めながら、埼玉・川越名物「さつまいも」にこだわったの芋菓子とドリンクのセットを食べることができます。


■1ヶ月で約1万9千個売れた「おいものバウム」を販売開始
「おいものバウム」は川越名物のさつまいもと埼玉県産のお米である「彩のかがやき」の米粉を使用し、ホクホク、しっとりとした食感に仕上げました。外側は紫芋パウダーを使用した紫色の生地、内側はさつまいもを使用した黄色の生地のため、まるでさつまいもを輪切りにしたようなかわいいバウムクーヘンです。
先行販売中のJR大宮駅ギフトガーデン(北口・新幹線口)、JR川越駅ギフトガーデンでは1ヵ月間で約1万9千個を記録し、ご好評をいただいております。

1個  :135円(税込)
8個入り:1,080円(税込)

「おいものバウム」画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/72895/img_72895_2.jpg


■『菓匠芋乃蔵』について
川越といえば、「時の鐘」を中心とした小江戸『蔵づくりの街』が有名です。その小江戸・蔵づくり街の中心に店舗を構え、埼玉を中心に『お芋』をテーマにしたおいしいお菓子を広めようという想いから、『菓匠芋乃蔵』というブランドを立ち上げました。川越本店は明治時代から100年以上保存されている歴史ある建造物の看板や棚を可能な限り残し、その当時の雰囲気を守りつつ、改装いたしました。川越出身の画家「岩崎勝平」や「日本の電力王」と呼ばれた実業家の「福沢桃介」(福沢諭吉の娘婿)など数々の著名人が住んでいた歴史ある建造物です。
川越芋を使用した「おいものバウム」や、芋餡をサンドしたブッセ「ポテ蔵」、芋の角切り入りのフリアン「ぽて~夢」をはじめ、芋餡のお団子など当店オリジナル商品も多数取り揃えています。


<店舗概要>
店舗名  : 菓匠芋乃蔵川越本店
所在地  : 埼玉県川越市幸町7-7
定休日  : 無休
営業時間 : 10:00~17:30
TEL    : 049-298-8750
URL    : http://sanshu.com/guidance/imonokura/


【会社概要】
株式会社三州総本舗は高級米菓(せんべい、あられ)・高級洋菓子の製造を行う「三州製菓株式会社」の商品を販売する米菓子専門店(フランチャイズチェーン)です。米菓を取り扱う「三州総本舗」「銀の杵」、さつまいものお菓子をメインに取り扱う「菓匠芋乃蔵」の名前で首都圏で20店舗を展開しております。
「鳳舞」「芋乃蔵」「みふう」「上野アニマルスイーツ」などのブランドを展開し、贈り物としても喜ばれる高級米菓子から、毎日のお茶請けとして食べられる日常米菓子まで幅広い品揃えを持ち、オリジナリティに溢れた高品質で独自性の高い商品を提供しています。

商号  : 株式会社三州総本舗
代表者 : 代表取締役社長 斉之平 伸一
所在地 : 〒344-0021 埼玉県春日部大場1091番地
URL   : http://sanshu.com/


【店舗・取扱商品に関するお客様からのお問い合わせ先】
三州総本舗
Tel:048-735-1190

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「72895」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報