『与信管理論(第2版)』出版のお知らせ 税制改正や最新の判例...

『与信管理論(第2版)』出版のお知らせ  税制改正や最新の判例を盛り込み、さらに充実した与信管理実務書に!

 与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(以下 リスモン、本社:東京都中央区、 http://www.riskmonster.co.jp )は、創業15年にわたりお客様と共に培ってきた与信管理ノウハウを体系的にまとめ、2012年4月に与信管理実務担当者必携の書として刊行した『与信管理論』を改訂し、第2版を2015年7月1日に商事法務から出版いたします。

与信管理論 第2版 イメージ
与信管理論 第2版 イメージ

 与信管理は、自社の企業体力や取引先の信用力を分析・評価して、取引先に対する与信額を調整し、債権回収における貸倒リスクを管理するという、企業が存続するために必須の業務です。しかしながら、与信管理は業務の幅が非常に広く、実務担当者が体系的に理解しながら実務を習得するには、膨大な時間や経験を必要とします。

 今回改訂した「与信管理論」は、こうした与信管理業務が抱える課題の解決を目的として、与信管理の基礎、与信管理制度の構築と運用、企業買収、信用情報の収集、定量・定性・商流分析、契約と担保、債権の保全・回収といった重要な要素に分解したうえで体系的にまとめ、与信管理に関する考え方や実務手続、雛型を網羅的に解説しております。

 本書は、企業の与信管理に真摯に取り組んできたリスモンの集大成ともいえる実務書であり、2012年4月の出版以来、多くの与信管理担当者から与信管理実務における必携の書として、たくさんのお褒めの言葉を頂きました。

 今回の改訂では、M&A手続きにおける与信管理担当者の役割や与信管理スキルの有用性に関する記述の強化、ならびに平成27年税制改正や最新判例を盛り込み、最新の与信管理実務書としてより充実した内容に仕上げております。

 なお本書は、リスモンが協賛しているリスク管理情報研究所(東京都渋谷区、 http://www.rmiri.co.jp )の「与信管理士認定試験」公式テキストとなります。
 本書を通じて与信管理の実務担当者の方々が効率的に実務を習得し、それが各企業の成長・発展につながることを願っております。


■書籍概要
タイトル:与信管理論(第2版)
執筆者 :リスクモンスター株式会社 データ工場/松田総合法律事務所/
     公認会計士・税理士 菅井会計事務所/司法書士法人 鈴木事務所
編者  :リスクモンスター株式会社
判型  :A5判ハードカバー
頁数  :792ページ
定価  :7,800円(税別)
発行  :株式会社商事法務
出版日 :2015年7月1日
章構成 :第1章 与信管理の基礎
     第2章 与信管理制度の構築と運用
     第3章 信用情報の収集
     第4章 定量・定性・商流分析
     第5章 契約と担保
     第6章 債権保全と債権回収


■リスモン著書のご紹介
・リスモン式与信管理力(2010年出版)
 定性情報を中心とした情報収集・分析から、取引先を格付する方法を小説風に解説。営業担当者や審査担当者(初級)向け。

・与信管理奮闘日記(2013年出版)
 与信管理に関わっている現場の方々の体験談を元に与信管理の現場で起こる様々な事象を実務と共に紹介する新感覚小説。営業担当者や審査担当者(初級)向け。

・リスクはじきに目を覚ます(2014年第2版出版)
 与信管理ルールの構築や運用方法を中心に与信管理の実務を解説。営業担当者や審査担当者(初・中級)向け。

・取引先リスク管理Q&A(2014年出版)
 与信管理実務に関するお問い合わせを頻度の高い順に一問一答形式で掲載した与信管理実務担当者のための手引書。営業担当者や審査担当者(初・中級)向け。

・与信管理奮闘日記2(2014年出版)
 与信管理の現場で起こる様々な事象を実務と共に紹介する新感覚小説第2弾。営業担当者や審査担当者(初級)向け。


■リスモンの概要(東京証券取引所ジャスダック上場 証券コード:3768)
 2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPサービス事業を開始しました。以来サービス分野を拡大し、現在は与信管理サービス、ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)およびBPOサービスの3つを中核事業と位置づけ、事業展開しております。
 リスモングループ法人会員数は、2015年3月末時点で10,093(内、与信管理サービス等5,055、ビジネスポータルサイト等3,191、その他1,847)となっております。
http://www.riskmonster.co.jp

カテゴリ:
商品
ジャンル:
書籍・雑誌 ビジネス全般

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。